SPORTS 2016年11月6日

アメフト、全敗・専修大に辛勝 開幕5連勝でチャレンジマッチ進出決める

タックルした選手を突き飛ばし宮山選手が先制TDを奪う(撮影・竹内暉英)
タックルした選手を突き飛ばし宮山選手が先制TDを奪う(撮影・竹内暉英)

 

 アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は11月5日、秋季リーグ第5節をここまで全敗の専修大学と戦い、延長節までもつれる接戦の末勝利した。東大は7点リードの第4クオーター(Q)にインターセプトからタッチダウン(TD)を許し追い付かれるも、延長節で荒井優志選手(文Ⅱ・2年)がTDを決め辛勝。5戦全勝で勝ち点を15とし、1部下位リーグ「BIG8」の上位2校が出場するチャレンジマッチ(1部上位リーグ「TOP8」との入替戦)進出を決めた。次節は11月20日午後4時半から、帝京大学と戦う。

 

東 大|7 7 7 0|21 |6

専修大|0 14 0 7|21 |3

 

 東大は最初の攻撃で敵陣20ヤード付近まで迫るも、ファンブルしたボールを相手に拾われ攻撃権を失う。しかし東大も甲斐文哉選手(経・4年)がインターセプトを決めるなどお互い攻撃が続かず、攻守交代を繰り返す。試合が動いたのは第1Q終盤。東大は敵陣35ヤードまで進むと、パスを受けた宮山賢済選手(農・4年)が相手のタックルをものともせずにエンドゾーンまで走り切り、先制する。

 

 しかし第2Q、専修大の攻撃を止めた直後にまたもファンブルでボールを奪われ、自陣での守備を強いられる。パス中心の攻撃に苦しみ、最後は残り2ヤードからパスを通されTD。東大は直後の攻撃、宮山選手がキックオフのボールをエンドゾーンまで運びこの日2度目のTDを決めるも、前半残り2分20秒から始まった専修大の攻撃での続けざまのパスに対応できず、TDを奪われ同点で前半を終える。

 

甲斐選手(#25)がこの日2度目のインターセプトを決め、勝ち越しのTDにつなげた(撮影・竹内暉英)
甲斐選手(#25)がこの日2度目のインターセプトを決め、勝ち越しのTDにつなげた(撮影・竹内暉英)

 

 後半もパス中心の攻撃を続ける専修大に、東大の守備陣は徐々に対応。第3Q終盤には甲斐選手が敵陣10ヤードでまたもインターセプトを決めると、迎えた攻撃で岸本容司郎選手(法・4年)へのパスでTD。第4Qもラン中心の攻撃を続け敵陣まで迫るが、残り4分を切ったところでパスをインターセプトされ、そのまま自陣10ヤードまで運ばれてしまう。守備陣はタックルを決めて相手を追い込むも、最後はパスが決まりTD。残り1分43秒で追い付かれ、試合は延長節にもつれ込む。

 

延長節で試合を決めるTDを奪った荒井選手(撮影・竹内暉英)
延長節で試合を決めるTDを奪った荒井選手(撮影・竹内暉英)

 

 延長節では両チームがゴール前25ヤードから1回ずつ攻撃し、点差が付いた回に勝敗が決する。後攻を選択した東大は、パス成功で一時自陣間際まで迫られるも、相手の反則もあって何とかフィールドゴールの3点でしのぐ。続く攻撃では、得意のランでごり押し。宮山選手の連続ランで攻撃権を更新すると、最後は荒井選手が13ヤードを走り切ってTDで6点を取り、接戦を制した。5戦全勝とした東大の勝ち点15を他の2校が上回ることはできなくなったため、直接対決の関係で東大のチャレンジマッチ進出が確定した。

 

(文・竹内暉英)

 

竹之下健三監督のコメント

 厳しい試合でしたね。前半にオフェンスがファンブルを連発してリズムを崩し、これで負けていたら自滅負けもいいところでした。こちらの選手の状態が悪く、相手もさすがに昨年のTOP8ということもあって際どい試合でしたが、しぶとく勝てて良かったです。チャレンジマッチまで残り6週間、原点に戻って自分たちの実力に磨きをかけて、悔いを残さない戦いをしたいと思います。

 

【関連記事】

アメフト 宮山選手の「東大初」の活躍光り43―11で初戦白星

アメフト 横国大を31-7で破り開幕2連勝

アメフト、開幕3連勝もミス多く課題残す 次節で国士舘大と全勝対決

アメフト、国士舘大との全勝対決制す 1部上位リーグ「TOP8」昇格戦に大きく前進

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年10月20日

ア式蹴球部男子 成城大に惜敗 チャンス作るも及ばず

NEWS 2017年09月09日

硬式野球 開幕戦で立大に敗戦 先発・濱﨑投手好投も打線が好機生かせず

SPORTS 2017年10月26日

箱根駅伝予選会 近藤選手が個人20位の好走で、本大会出走へ

SPORTS 2018年09月10日

硬式野球 慶大に連敗 後半に突き放される

SPORTS 2017年05月14日

アメフト部 京大に35失点し完封負け オープン戦3連敗

TOPに戻る