SPORTS 2018年4月22日

東大アメフト部 オープン戦初戦を無失点で快勝 相手のミスを攻撃につなげる

 アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグBIG8)は4月22日、オープン戦初戦を明治学院大学と本郷キャンパス御殿下グラウンドで戦い、40―0で勝利した。東大は毎クオーター(Q)で得点しつつ、自陣に相手をほとんど攻め込ませない盤石な試合運びで、幸先のいいスタートを切った。第2戦は5月5日午後1時半から、昨年リーグ戦で敗れた国士舘大学とアミノバイタルフィールドで戦う。

 

東   大|716314|40

明治学院大|0000|0

 

 東大は第1Q序盤、守備とパントが冴え、相手をほとんど前進させない。一方攻撃は、2度目の攻守交代で相手の短いパントから敵陣25ヤードでの開始となり、早速先制のチャンスを得る。ここは相手のインターセプトに阻まれるも、直後の守備で相手を食い止めると、相手の短いパントに助けられ敵陣20ヤードから攻撃開始。最後はクオーターバック(QB)の伊藤宏一郎選手(文・3年)から古賀福丸選手(法・4年)へのパスが通り、先制となるタッチダウン(TD)を決める。

 

 第1Q終了間際にも、相手のパントミスで敵陣30ヤードからの攻撃となり、TDで6点を追加。第2Qにもパスとランを織り交ぜながらTDを奪うなど、23-0で前半を終える。

 

第2Q、永幡選手がTDを決める(撮影・吉良椋)

 

 後半に入っても東大の勢いは止まらない。第3Qにはファンブルリカバーで攻撃権を奪い、そのままラン中心にTD。その次の攻撃でもロングパスを起点にTDを奪うなど、多彩な攻撃で得点を重ねた。この間、守備陣は明治学院大を自陣にほとんど攻め込ませず、終わってみれば完封での勝利を飾る結果に。TD後のフィールドゴールの失敗など課題も残ったものの、攻守ともに今後に弾みを付けた。

 

第4Q、TDを決めた鈴木選手を囲み喜ぶ選手たち(撮影・吉良椋)

 

 明治学院大学は関東学生2部リーグに所属。昨年は2部でリーグ優勝し、1部との入れ替え戦に臨んだが敗退していた。東大は昨年のオープン戦初戦で、2部の首位チームとして入れ替え戦に勝利し1部に昇格したばかりだった桜美林大学に3-17で敗れていたが、今年は同じく昨年の2部リーグ覇者に快勝する対照的な結果となった。

 

(文・小田泰成)

 

2018年4月27日15:00【記事訂正】古賀福丸選手の所属を工学部としていましたが、法学部の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年04月28日

【部員が見る軟式野球④】東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

COLUMN 2016年08月06日

【東大ラグビー部寄稿】リオ五輪「7人制ラグビー」の見どころ

SPORTS 2017年05月07日

【部員が見る軟式野球⑧】東大、後一本が出ず法大に敗退 リーグ優勝を逃す

SPORTS 2017年05月01日

【部員が見る軟式野球⑤】リーグ2位の東大は延長の末、慶大と引き分け

COLUMN 2016年08月02日

【東大ボクシング部寄稿】リオ五輪「ボクシング」の見どころ

TOPに戻る