SPORTS 2016年5月7日

【詳報】硬式野球部、08年秋以来のシーズン2勝目 宮台選手が投打で活躍

宮台が三者三振でガッツポーズ
立教大クリーンアップを三者三振に打ち取りガッツポーズを見せる宮台選手(撮影・関根隆朗)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月7日、立教大学との1回戦を戦い、宮台康平投手(法・3年)が相手打線を完封して4-0で勝利した。東大は四回に先制、七回に宮台投手の適時打などで追加点を奪うと、最後まで相手打線に得点を許さなかった。宮台投手は打っては3安打1打点、投げては被安打5、8奪三振で自身初の完封勝利。

 東大は今季、明治大学に勝利しており、シーズン2勝目は2008年秋以来。立大戦の勝利は07年以来となった。東大は明日8日11時から、02年秋以来となる勝ち点を目指して立大との2回戦を戦う。

 

東大|000100300|4
立大|000000000|0

 

 好投を続けながら今季勝ち星のない宮台投手は初回、2四球で2死一二塁のピンチを招くが、続く打者を三振に取って無失点で切り抜ける。その後も四回まで毎回得点圏に走者を背負いながら、要所を締めてスコアボードに0を並べる。

 エースを援護したい打線は四回、1死から山田大成選手(育・3年)がライトの頭上を越える三塁打を放ち好機を演出。続く田口耕蔵選手(育・3年)が2球目をきっちりライトへ持っていき、犠牲フライで先制する。

先制点
四回表、4番田口選手の犠牲フライで先制点を挙げる(撮影・関根隆朗)

 

 さらに七回、先頭の田中朗士選手(農・4年)が今季初安打となる二塁打を放ち無死二塁とすると、宮台投手が初球を右中間にはじき返し追加点。1死三塁から宇佐美舜也選手(文Ⅰ・2年)の左前打で3点目を奪い、相手エースの澤田圭佑投手(4年)をマウンドから引きずり下ろす。この回もう1点を追加し、点差は4点に広がる。

 

宮台の適時二塁打
七回表、宮台選手自らのバットで欲しかった追加点を挙げる(撮影・関根隆朗)

 

 

 宮台投手は自己最速の145キロを連発し、六回にはクリーンアップから三者三振を取るなど、援護をもらってからも落ち着いた投球で立大打線に的を絞らせない。球数の増えた八回、九回にヒットは打たれたものの、後続を断って自身初の完封勝利を挙げた。

 

最後の打者をショートフライに打ち取る
山田選手が最後の打者のフライをつかみ、勝利を収めた(撮影・関根隆朗)

 東大は明日8日、立大との2回戦を戦う。勝利した場合、2002年秋季リーグ以来の勝ち点となる。

 

(文・竹内暉英)

 

翌日の試合はこちら

→ 硬式野球部、立大に投打で完敗 勝ち点は明日の試合で

 

この試合の速報記事

→ 硬式野球部 宮台選手が投打で活躍、自身初の完封勝利で07年以来の立教撃破

 

今季の過去の試合はこちら

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

→ 硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

→ 硬式野球部 宮台投手が打ち込まれ慶大に1-6で敗北

→ 硬式野球部 今季最多の4得点も、3本塁打浴び9失点で慶大に連敗

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年12月28日

【東大2016総決算⑤:七大戦】歴代最高得点で優勝

NEWS 2017年09月24日

アメフト 東海大を24―14で下し開幕2連勝 後半の守備に課題も

SPORTS 2017年11月05日

アメフト 国士舘大に敗れ今季初黒星 「力負け」で大量53失点

SPORTS 2014年06月24日

ホッケー部、1部昇格を逃す

SPORTS 2018年06月11日

アメフト オープン戦第6戦で立教大に敗北 相手のランの前に屈する

TOPに戻る