SPORTS 2017年4月15日

硬式野球 宮台投手、制球定まらず2回途中降板 打線は中軸が機能し5得点

 硬式野球部(東京六大学野球)は4月15日、慶應義塾大学との1回戦を戦い、5―9で敗れた。先発の宮台康平投手(法・4年)は1回0/3を被安打2与四球5で自責点6と振るわなかった一方、打線は毎回走者を出すなど9安打5得点と粘りを見せた。東大は明日16日午後1時半ごろから、慶大との2回戦を戦う。

 

東大|000013001|5

慶大|33101100X|9

 

 東大の先発は、先週の明治大学戦1回戦において4者連続四死球などで五回途中5失点に終わった宮台投手。リベンジのマウンドとしたいところだが、今日も制球が定まらない。初回、先頭打者に四球を与えると、相手3番に中堅越えの適時三塁打を浴びて早くも先制を許す。さらに4番には左翼スタンド上段まで運ばれ、この回3失点。続く二回も、先頭から3者連続四球で無死満塁としたところで降板した。後を継いだ濱﨑貴介投手(理Ⅱ・2年)もつかまり、二回にして6点をリードされる。

 

 反撃したい打線は五回、2死三塁から山田大成選手(育・4年)の左前適時打で1点を返す。六回にも相手の暴投で1点を返してなおも2死満塁とすると、宇佐美舜也選手(法・3年)がバットを折りながら右前に2点適時打を放ち4点差に。さらに追加点を奪いたい場面で、打席には先ほど適時打の山田選手。しかしここは捕邪飛に打ち取られ、詰め寄ることができない。その後も毎回走者を出したが、序盤の大量失点が響いて逃げ切られた。

 

六回2死満塁、バットを折りながら2点適時打を放つ宇佐美選手(撮影・竹内暉英)

 

 試合には敗れたものの、安打数は相手を上回る9本。1~5番は全員安打を放ち、下位打線でも8番の杉本幹太選手(農・3年)が2安打を放つなど光明が見えた試合だった。一方、宮台投手は2試合連続で制球の乱れからの大量失点。特に二回は打者3人に投じた13球のうち、ストライクは1球という結果だった。次回以降の登板で制球を修正できるかが今季の勝ち点を左右するだろう。三回以降、6イニングを3点に抑えたリリーフ陣にも期待したい。

 

(文・関根隆朗)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年05月29日

アメフト部、42得点で京大に快勝 対京大2連勝で通算成績を13勝43敗1分に

SPORTS 2016年06月27日

ホッケー女子 1部2部入替戦に敗れ1部昇格ならず

SPORTS 2016年09月17日

硬式野球部 慶大・加藤投手にノーヒットノーラン喫し0-8で大敗

SPORTS 2016年10月24日

アメフト、国士舘大との全勝対決制す 1部上位リーグ「TOP8」昇格戦に大きく前進

SPORTS 2017年05月06日

【部員が見る軟式野球⑦】東大が延長の末、早大に痛いサヨナラ負け

TOPに戻る