LATEST NEWS 2017年9月18日

硬式野球 慶大相手に一時追い付くも力負け 勝ち点の行方は19日の第3戦へ

 硬式野球部(東京六大学野球)は9月18日、勝てば2002年秋以来の勝ち点奪取となる慶應義塾大学との2回戦を戦ったが、1―4で敗れた。東大は一時追い付く粘りを見せるも、再度勝ち越された。慶大との対戦成績を1勝1敗とした東大は、明日19日午後1時から悲願の勝ち点を懸けて、慶大との3回戦を戦う。

 

慶大|000120100|4
東大|000100000|1

 

先発の濱﨑投手は自己最速の141キロをマークするも、制球が安定しなかった(撮影・小田泰成)

 

 東大先発の濱﨑貴介投手(理Ⅱ・2年)は自身最速の141キロをマークするも、序盤から制球が安定しない。三回までは相手打線の早打ちにも助けられ無失点で切り抜けるが、四回は先頭から2連打を浴び無死一三塁のピンチに。1死を取るが、相手8番に中前適時打で1点を先制される。

 

 しかし、1回戦で今季最多の5得点を挙げて波に乗る東大打線は簡単に引き下がらない。直後の攻撃、1回戦で自身初となる本塁打を放った新堀千隼選手(理Ⅱ・2年)が三塁線を破る二塁打でチャンスメイクすると、四球と安打で1死満塁に。6番・山下朋広選手(文Ⅱ・2年)が初球を振り抜くと、打球は前進守備の間をセンターへ抜ける適時打となり同点に追い付く。なおも1死満塁で一気に逆転と行きたい場面だったが後続が打ち取られ、同点止まりで攻撃を終える。

 

五回、山下選手の中前適時打で同点に追い付く(撮影・小田泰成)

 

 濱﨑投手は続く五回も続投。しかし疲労の見え始めたところで慶大打線に捕まる。1死三塁から二者連続四球で満塁とされたところで、濱﨑投手は降板。代わった宮本直輝選手(文Ⅲ・2年)が、犠飛と左前適時打で勝ち越しを許す。宮本投手は七回にも2本の長打などで追加点を許し、3点をリードされる展開になる。

 

六回、右犠飛で再び勝ち越しを許す(撮影・小田泰成)

 

 勝ち点奪取に向けて何とか食い下がりたい打線だが、五回以降は慶大先発の高橋亮吾投手(2年)を打ち崩すことができない。10三振を喫し完投勝利を献上。投手陣が9回まで4失点と踏ん張りを見せただけに、悔やまれる敗戦となった。

(文・関根隆朗)

 

◇浜田一志監督の話

 

――今日の試合を振り返って

 五回に追い付いたときに、一気に逆転して流れを持ってくることができなかった。3~4点勝負だと思っているので、9回を4点に抑えた投手陣は合格点。代打陣も成功率5割というのは素晴らしい。今日は3、4番が抑えられたが、明日こそ仕事をしてくれると期待している。五回に好機で山下に回ってきたところは代打も考えたが、四回辺りから山下の好きな外中心の配球になっていたので、そのまま行かせた。

 

――けがで出遅れていた主将の山田大成選手(育・4年)が、今日からベンチ入りしている

 声出し要員としてね。やっぱりチームの軸であるキャプテンがベンチにいるというのは大きい。

 

――明日への抱負を

 勝ち点を取る。ただそれだけです。応援してください。

 

◇山下選手の話

 

――五回の同点打を振り返って

 チーム全体として良いムードだったので積極的に行った。監督からも「思い切って行け」と言われていたので、初球から振っていった。打ったのはストレート。外角高めの甘い球で、センターから右方向を意識した。

 

――明日に向けては

 自分はまだレギュラーではない。1打席に集中したい。

 

◇濱﨑投手の話

 

――今日を振り返って

 自分では納得いってない。五回は、先頭から2連打を浴びて正面から勝負に行けなかった。ただ開幕戦よりは緊張せず、修正できた。

 

――最速141キロが出た

 それは気付いていなかった。140キロを越えられたのは走り込みやウエイトの成果だと思う。

 

――五回の壁を越えられない

 自分はまだ先を見て体力を温存する投球をするレベルにない。フィジカルをしっかり鍛えて、行けるところまで行くように努めます。

 

◇1回戦で完投勝利を挙げている宮台康平投手(法・4年)の話

 

――今日は準備していたのか

 「リードしていたら行く」と言われていたので準備はしていた。昨日はジョグとストレッチをして今日に備えていた。疲労はあるが、投げることはできる。試合に入ったら気にせず全力でやりたい。

 

――明日は勝ち点のチャンスです

 まだ登板するか未定だが、明日で終わりなので力を出し切りたい。


2017年9月19日18:06【記事修正】第5段落「1回戦では五回途中でノックアウトした相手に、」の部分に事実誤認があったため該当箇所を削除しました。


【関連記事】

硬式野球 14年ぶり2桁得点も勝ち点の壁高く・・・ 宮台投手、四回途中8失点KO

硬式野球 宮台投手完投で慶大から今季初勝利 打線も今季最多の5得点

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年09月16日

硬式野球 中盤にリードするも立大に逆転負け 小林投手は7回1失点の粘投

COLUMN 2014年04月24日

【サークル奮闘記】最後の年こそ輝きたい。輝かなければならない。 東京大学WARRIORS

SPORTS 2016年11月24日

東京六大学選抜vsヤクルト 東大から3人が出場 三木投手が1回ピシャリ

SPORTS 2016年06月27日

ホッケー女子 1部2部入替戦に敗れ1部昇格ならず

SPORTS 2017年01月01日

日本サッカー協会と連携協定を締結 競技団体との連携は初

TOPに戻る