LATEST NEWS 2017年9月30日

硬式野球 宮台投手、六回途中8失点KO 打線も制球難の相手先発を攻略できず

 硬式野球部(東京六大学野球)は9月30日、早稲田大学との1回戦を戦い、2―9で敗れた。16日の慶大戦で完投勝利を挙げた宮台康平投手(法・4年)が先発するも、制球が定まらず六回途中8失点。けがで出遅れていた主将の山田大成選手(育・4年)はスタメンに復帰するも無安打だった。東大は明日10月1日午前10時半から、早大との2回戦を戦う。

 


スタメンに復帰した山田選手は、五回の好機で一邪飛に倒れる(撮影・小田泰成)

 

早大|030023001|9

東大|010010000|2

 

 先発の宮台投手は、四回を除いて毎回四球を出すなど制球が安定しない。二回に四球と内野安打で2死一三塁のピンチを招くと暴投で先制点を献上。なおも2死二塁から139キロの直球を左中間スタンドへ運ばれ、3点を先行される。2点差の五回は1死から2者連続四球で走者をためると、相手4番の三塁線を破る適時二塁打と犠飛でリードを4点に広げられる。味方が1点を返した直後の六回も3点を追加され、6点差となったところで宮台投手はマウンドを降りる。

 

六回、6点差となり降板を告げられる宮台投手(撮影・小田泰成)

 

 19日の慶大戦では14年ぶりの2桁得点を挙げるなど好調の打線。二回、2死一二塁から三鍋秀悟選手(工・3年)が中前打を打つと、相手中堅手がファンブルする間に二塁走者が生還し1点を返す。なおも2死満塁と攻め立てたが、後続が続かずここは1点止まり。三回と四回はそれぞれ無死、1死から走者を出すが、共にけん制でアウトとなり制球に苦しむ相手左腕を助けてしまう。

 

四回、岡俊希選手(文Ⅰ・1年)がけん制に誘い出されてタッチアウトに(撮影・小田泰成)

 

 それでも五回には、2死一塁から楠田創選手(育・4年)が左中間を破る適時二塁打を放つ。なおも2死一二塁としてスタメンに復帰した山田選手に打席が回るが、一邪飛に倒れ追加点はならず。5回で6四球と制球の定まらない相手先発から再三好機を作るが、攻め切ることができない。

 

五回は楠田選手が適時二塁打を放つも、後続が続かなかった(撮影・小田泰成)

 

 六回以降は、代わった相手リリーフ陣の前に手も足も出ない。出した走者は死球の1人のみで、その走者も併殺で生かせず。序盤に制球難の相手先発を打ち崩せなかったことが悔やまれる敗戦となった。

(文・関根隆朗)

 

【関連記事】

硬式野球 五回までに大量10失点 新堀選手が今季2号本塁打も早大に連敗

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年10月30日

【部員が見る軟式野球⑪】新人戦は初戦敗退 終盤に失点重ねる

COLUMN 2016年07月30日

【東大フェンシング部寄稿】リオ五輪「フェンシング」の見どころ

SPORTS 2015年05月24日

【写真・各回詳細つき】東大野球部2010年秋季リーグ以来、9季ぶりの勝利

SPORTS 2016年06月08日

ラクロス男子、体格で上回る相手に苦戦 米・ホフストラ大に敗北

COLUMN 2016年08月05日

【東大バスケットボール部寄稿】リオ五輪「バスケットボール」の見どころ

TOPに戻る