LATEST NEWS 2018年3月21日

岡西政典特任助教ら テヅルモヅル類の新種を106年ぶりに発見

 岡西政典特任助教(理学系研究科附属臨海実験所)らは、ヒトデの仲間であるテヅルモヅル類の新種(写真)を、日本産の標本の中からは106年ぶりに発見した。標本には昭和天皇が相模湾で採集したものも含まれる。成果は9日付のニュージーランドの科学誌『ズータクサ』に掲載された。

 

 

 海山などの海底の標高が破壊場所は、潮の流れがよくプランクトンを求めて多くの生物がすむが、岩肌が露出していて調査しづらく、環境の詳細が不明だった。テヅルモヅル類は大型で個体数も多いため、こうした環境の指標として期待されてきたが、標本が世界に散らばっていることもあり分類が不明瞭だった。

 

 岡西特任助教らは世界各地の博物館で、既知のテヅルモヅル類ツルボソテヅルモヅル属5種のうち記載情報が少ない3種の標本を観察し、5種全ての分類が正しいことを確認した。さらに国立科学図書館のツルボソテヅルモヅル属11個体の標本を分析し、表面の微小なとげなど既知の5種にない特徴を発見。新種として「トゲツルボソテヅルモヅル」と命名した。

 

 本研究は、標本に基づく研究施設としての博物館の意義を示した。今後は分布するツルボソテヅルモヅル属を分類・同定し、海山などの環境変動を推定する。

 

2018年3月21日14:00【記事修正】タイトルの誤植を修正しました。


この記事は、2018年3月20日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

ニュース:個人に合う適切な支援を 「卒論支援会社」に聞く卒論執筆の裏事情
ニュース:総長賞に12人・2団体 中原中也賞の野崎さんら
ニュース:新領域の教授逮捕 免停中の運転で
ニュース:スキー部石原さん2位 「力出し切れた」
ニュース:七大戦航空 東北大と並び団体優勝
ニュース:総合図書館 休館は4/27から5/21まで
ニュース:共通テスト・英語民間試験 合否判定に利用せず
ニュース:一部てんかんの原因解明 遺伝子内の繰り返し配列に異常
ニュース:テヅルモヅル類 106年ぶり新種
ニュース:藤田名誉教授が会長に アジアからは初
企画:「あの日」から7年 大槌の研究センター 新たな船出
企画:LGBTの就活支える学生起業家が描く未来 個々の価値観認める社会を
企画:世代超えた対話呼ぶ 漫画版『君たちはどう生きるか』の作者に聞く
推薦の素顔:足立愛音さん(文Ⅰ・1年→法学部)
東大教員の豆知識:江戸時代の花見 下村彰男教授(農学生命科学研究科)
東大今昔物語:1989年4月4日発行号より 「黒マジ」で進学できず
東大新聞オンラインアクセスランキング:2018年2月
キャンパスガール:高松未来さん(理Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2015年08月17日

8/28(金) 産業数学「マス・フォア・インダストリ研究所」教授 若山 正人氏セミナー

INTERVIEW / PROFESSOR 2018年08月25日

【蹴られる東大⑨】東大は本当に「蹴られて」いるのか 鈴木寛教授インタビュー

NEWS 2017年01月18日

日本学術振興会賞に、東大から史上最多8人

NEWS 2017年08月04日

分生研教授の論文不正行為、東大が認定 医学系5人は不正なし

INTERVIEW / FEATURE 2018年09月18日

【蹴られる東大⑩】蹴られて当然?東大生もうなずく「とりあえず東大」の終わり

TOPに戻る