LATEST NEWS 2018年4月11日

分生研を改組 論文不正続発を受け

 分子細胞生物学研究所は1日、渡邊嘉典教授(分生研=当時)らによる論文不正を受け、定量生命科学研究所へ改組した。従来の研究不正対策室に代わり、論文上のデータと実験の元データの照合などより強固な監視体制を敷く「研究倫理推進室」や、著名な研究者による研究不正防止の監視機関「Advisory Council」を新設。研究室の閉鎖性を排するために、基盤技術を集約した中央実験室も設置される。

 

 今回の改組では13の研究分野と二つの研究センターが廃止され①主に可視化技術を担う生命動態情報研究領域②細胞・分子単位の定量的解析手法を開発する高度細胞多様性研究領域③たんぱく質結晶の構造の解析技術開発などを担う先端定量生命科学研究領域④医学などに①~③の成果を生かす応用定量生命科学研究領域――の4領域に再編。実験データを定量化して研究に生かす。

 

 2度の論文不正発覚を受け、東大は昨年12月に分生研の組織体制を見直す方向性を提示していた。

 

【関連記事】

東大関係者の論文不正疑惑、本調査を完了 不正がなければ公表せず(2017年6月10日掲載)

さらなる論文不正疑惑で本調査へ 150日以内に判断(2016年11月16日掲載)

論文不正疑惑で新たな告発状(2016年10月26日掲載)

論文不正疑惑で本調査へ 原則150日以内に判断(2016年9月28日掲載)

東大分生研での論文不正問題、教員ら11人に不正行為(2015年1月14日掲載)

 


この記事は、2018年4月10日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

インタビュー:軸を持って多様な経験を 元官僚の政治学者・内山教授(総合文化研究科)に聞く
ニュース:英語民間試験認定結果 従来型の英検落選 受検生間の公平性が課題
ニュース:分生研を改組 論文不正続発を受け
企画:前期課程の履修失敗談 我が屍を越えてゆけ
企画:運転免許、いつどう取る? 合宿vs通学、AT車vsMT車
企画:東大の歩き方
企画:楽しめ 世界の多面性 初修外国語を学ぶ意義とは?
企画:学食だけじゃない 駒場の名店
東大今昔物語:1990年4月3日発行号 幻の「社会学部」構想
東大新聞オンライン:2018年3月 入試関連記事に注目
キャンパスガール:増田怜奈さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

TOPに戻る