LATEST NEWS 2017年6月9日

大卒就職率 過去最高の97.6% 6年連続で上昇

 厚生労働省と文部科学省は5月19日、今年3月に大学を卒業した人の4月1日時点での就職率が、調査を開始した1997年以降で過去最高の97.6%だったと発表した。当時過去最高だった昨年同期の就職率からさらに0.3ポイント値を押し上げ、過去最低の就職率だった11年4月から6年連続での上昇となった。

 

 

 文理別で見ると、文系が昨年同期比0.2ポイント増の97.3%で、理系が同0.5ポイント増の98.7%。男女別では、男子が昨年同期比0.2ポイント増の96.9%、女子が同0.4ポイント増の98.4%だった。文理・男女いずれの区分でも就職率は過去最高に。地域別では、関東地区の大学が98.8%と日本最高で、就職率最低の中国・四国地区とは3.3ポイントの差が付いた。

 

 就職希望率も昨年同期比0.7ポイント増の74.7%で過去最高を記録。就職率の改善と歩調を合わせて11年以降6年連続で上昇しており、大学生の就職志向の強まりが明らかとなった。一方で国公立大生の就職希望率は55.3%にとどまっており、84.3%と就職希望率が高い私立大生との進路の差が浮かび上がる。

 

 就職率は08年以来、リーマンショックの影響で低下。11年4月の調査では過去最低の91.0%を記録した。しかしその後は改善傾向が続き、今回は最高記録を2年連続で更新した。

 

 今回の調査は、地域性などを考慮して抽出した国立大学21校、公立大学3校、私立大学38校の計62校を対象に実施。就職率は、進学希望者などを除いた就職希望者の中で実際の就職者が占める割合を示している。


この記事は、2017年6月6日号に掲載した記事を再編集したものです。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

インタビュー:自分なりの信念で道開け 史上最年少の山形市長 佐藤孝弘さん
ニュース:過去最高の97・6% 大卒就職率 6年連続で上昇
ニュース:テントウムシが羽を折り畳む仕組み解明
企画:世界を広げる契機に 経験者に聞く資格取得への道
企画:官庁訪問2017 東大OB・OG 採用担当者が語る国家公務員の仕事 
企画:モデルケースで見る資格試験勉強法 特徴知って過去問で対策を 
世界というキャンパスで:塘田明日香さん(育・4年)③
キャンパスガール:キム・チョンウンさん(育・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2017年05月16日

高橋まつりさんの死は人ごとか 東大OGの過労死を巡って

INTERVIEW / OBOG 2014年10月30日

MBAは不要、エンジニアは今すぐ世界に挑戦しよう 「TomyK Ltd.」鎌田富久 代表

INTERVIEW / OBOG 2014年09月16日

「かっこいい」ではなく「何が価値を生んでいるか」を考えて ハプティック小倉弘之さん

PUBLIC RELATIONS 2016年06月02日

「逆境に打ち勝ち、リーダーとして道を切り開くには」 ~東大駒場の大人気講義、瀬地山角先生のジェンダー論スピンオフ講演~

COLUMN 2014年04月08日

就活で第一志望じゃないところに「第一志望ですか」って聞かれたらどうする? 霜田明寛の就活十番勝負5

TOPに戻る