LATEST NEWS 2018年6月19日

文科省通知 入試解答原則公開に 東大「対応はこれから検討」

 文部科学省は4日、2019年度大学入学者選抜要項を発表し、各大学に対して入試問題の解答を原則として公開するよう通知した。17年度入試で続発した大学入試問題の出題ミスを受けたもの。東大の対応について、本紙の取材に本部入試課は「これから検討するため、今の時点では回答しかねる」としている。

 

 要項では、一義的な解答を示せない記述式の問題については、原則として出題の意図を公表するか、複数または標準的な解答例を示すよう求めた。18年度以前の要項では、入試問題の解答例と出題の意図を明らかにするよう「努める」としていたが、方針を厳格化した。

 

 入試問題のチェック体制に関しては、昨年度以前の要項では記載がなかった「試験実施中、試験実施後」にも点検を行うよう明記された。外部から入試問題のミスなどの指摘を受けた場合、作題者以外を含めた組織でのチェックを迅速に行うなどの対応を取ることも求めた。

 

 東大は2月7日の記者会見で、「多様な回答のプロセスを重視しており、解答を覚えることは知の発達にとって良くないため」として2次試験の解答を公表しない方針を継続する意向を示していた。


この記事は、2018年6月19日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:自分を信じ 視野広げて 実績上げた若手研究者が語る大学院生活 斎藤優さん(理化学研究所)、安田百合絵さん(人文社会系・博士3年)
ニュース:入試解答原則公開に 文科省通知 東大「対応はこれから検討」
ニュース:アメフトオープン戦 精度欠き立大に完敗 日大戦中止の代替試合
企画:院試対策、院での生活…… 現役大学院生にインタビュー
企画:2018年度大学院入試結果
企画:改革の一歩となるか 「卓越大学院プログラム」船出
キャンパスガイ:高下裕章さん(新領域・博士3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年03月12日

前期合格発表 掲示実施されず 合格最低点、文科各類軒並み低下

COLUMN 2015年02月12日

東大多浪物語③

2017年12月25日

【東大の2017年①】合格者番号掲示が復活 本郷に受験生の歓声あふれる

COLUMN 2017年02月04日

【東大受験生応援連載】現役東大生が語る!入試当日の後悔とは

NEWS 2018年03月10日

18年度前期日程試験3014人が合格 理科で最低点大幅低下、文科は昨年度並み

TOPに戻る