EVENT 2015年5月8日

東京大学服飾団体fab fashionshow “non (finito)”

先日、サークル紹介記事で触れた、東京大学服飾団体fabのファッションショウ “non (finito)” が、今週末、5月10日(日)に行われる。場所は王子の小劇場「pit 北/区域」だ。コンテンポラリーダンスサークル KomaPAS を演出協力として迎え、ファッションショウの新しい形式を探る、意欲的な舞台になりそうだ。ファッション、舞台芸術に興味を持っている人は、ぜひ足を運んでみてほしい。

入場料は無料。各回の定員は40名となっているため、事前予約することをお勧めする。

omote最終版.png

non (finito)

完成という状態は、非常に曖昧なものではないだろうか。制作の過程において、作者は作品が完成しているのかどうかが常に分からない中で、もうこれ以上は手を加えないという判断を下す。いわばその決断は、作者の賭けであり、諦めでもあり、願いでもある。

作者だけが作品を完成させる権限を持つという考えの一方で、観者がそれに加担するような作品も存在する。観者が作品に直接手を加える場合もあれば、観者の存在それ自体が作品の一部となる場合もある。こうした作品の登場も、芸術における完成と未完との境界をより不明瞭にしている。

そして、われわれが扱うファッションという表現において、「完成」は一層その曖昧さを増す。作者が作品をつくり、観者が鑑賞し、誰かがそれを身にまとう。この一連の行為のどこからが完成という状態にあるのか。いや、あるいは、すべての服は誰の手によっても終えられることがなく、永遠に「未完」のままなのかもしれない。

本ショウでわれわれは、「完成」ではない別の状態へと近づく服を呈示することで、ファッションにおいて、さらには何かを作り出すことにおいて、完成とは何かという問いを改めて発することを試みたい。

(公演パンフレットより)

fab代表の木村英恵さん(3年)はこのようにコメントしている。

「この度、当団体は11回目となるファッションショウを開催する運びとなりました。今回のショウは”non (finito)”というタイトルを掲げ、ファッションをメディアに完成とは何か、という問いに挑戦します。

昨今、ファッションショウは多様化の一途を辿っておりますが、その中で我々は服を見せるだけでは終わらない、強度のあるショウを皆様に披露致します。

是非、お誘い合わせの上ご来場ください。メンバー一同お待ちしております。」

(文責:沖田征吾)

fashionshow “non (finito)”

【日時】

2015年5月10日(日) 1st show 13:30- / 2nd show 16:30-

【会場】

pit 北/区域 (王子駅徒歩二分) アクセスはこちら

http://www.h7.dion.ne.jp/~babylon/pit_0.html (pit 北/区域 HP)

【チケット】

無料。press@mode-and-science.net 宛てに、名前・職業・連絡先・観覧希望会(1st,2nd)を記入して予約。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球①】投打かみ合い法政との開幕戦に快勝

SPORTS 2015年09月03日

東大軟式野球 打線つながらず開幕戦落とす

SPORTS 2015年01月07日

東大アメフト 1部下位リーグBIG8に残留

COLUMN 2016年02月12日

「平和を愛し学業の万難を廃する力、大学戦士トーダイン!」東大特撮研に迫る。

COLUMN 2017年04月27日

飲み放題に代えごちそうを 学生団体が提案する新しい食事会の形

TOPに戻る