LATEST NEWS 2019年7月5日

駒場第一グラウンドで改修記念式典 五神総長ら出席

 駒場第一グラウンドで6月22日、今年4月に完了した全面改修の記念式典が開催された。五神真総長や太田邦史教養学部長、日本陸上競技連盟の横川浩会長らが出席した。

 

 

参加したOB・OGや陸上運動部員ら(撮影・渡邊大祐)

 

 同グラウンドは駒場Ⅰキャンパス内にあり、1964年の東京オリンピックでは練習場となるなど、学内外に活用されてきた。94年に全天候型に改修されたが、傷みが目立つようになったことから2015年に改修プロジェクトが開始。陸上運動部OB・OGなどから寄付を集め、6レーンから7レーンへのレーン数の拡張や国際的な基準に合わせたレーン幅の変更などが行われた。今後は引き続き、日本陸上競技連盟公認競技場として大会にも利用される。

 

 五神総長は式辞の中で、「高齢化の中、健康増進のためにスポーツ振興が担うべき役割はこれまで以上に拡大している。東大が目指すスポーツを通した学生の人間的成長に役立てられることを期待する」と述べた。さらに陸上運動部のOB・OG組織に当たる東大陸上運動倶楽部の室城信之理事長は「箱根駅伝に近藤秀一選手(総合文化・修士1年)が出場したり、三宅功朔選手(薬・4年)が日本選手権出場を決めたりと、東大陸上運動部の力は強くなっている。新しいグラウンドで練習を積み、さらに飛躍することを期待する」と述べた。

 

壇上でスターターを務める五神総長(撮影・渡邊大祐)

 

 式典では、五神総長や横川会長がスターターを務めて100m走と4×100mリレーのデモンストレーションが行われた。4×100mリレーには、箱根駅伝出場を果たした東大陸上運動部OB4人のチームも登場。近藤選手が、1984年に東大として箱根駅伝に出場したOBらと35年の時を越えてたすきをつないだ。他にも出身地別のチームなど計7チームが、改修を終えたグラウンドでの走りを披露した。

 

リレーでアンカーを務めた近藤選手がゴールを決めて笑顔を見せる(撮影・渡邊大祐)

 


この記事は7月2日号の拡大転載版です。本紙では他にもオリジナル記事を公開しています。

ニュース:院生 日立製作所3年ぶり1位 18年度就職状況 コンサルは順位変動激しく
ニュース:QS世界大学ランキング 過去最高の22位 国際性は低評価続く
ニュース:駒場第一グラウンドで改修記念式典
企画:卒業生に続け 就活体験記
企画:2018年度 全学部・大学院 就職先一覧
企画:「まず就活」の前に フリーランスという道を探る
新研究科長に聞く:④農学生命科学研究科 堤伸浩教授
キャンパスガール:上野美和子さん(文Ⅲ・2年)
【広告】:マイクロソフト製品の魅力に迫る ビジネスの在り方を変革

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年04月30日

硬式野球、投打で力の差顕著 2桁失点&散発2安打で完封負け

INTERVIEW / OBOG 2018年11月15日

好奇心をクイズに生かす 元準ミス・三浦奈保子さんにインタビュー

SPORTS 2016年09月30日

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

COLUMN 2016年08月02日

【東大ボクシング部寄稿】リオ五輪「ボクシング」の見どころ

COLUMN 2017年12月19日

大学スポーツの安全性・財源強化へ 日本版NCAA構想に迫る

TOPに戻る