LATEST NEWS 2019年12月2日

高被引用論文著者に東大から18人選出

 米企業クラリベイト・アナリティクス社は11月19日、高被引用論文著者リストを発表した。今年は6216人が選出され、東大からは昨年から8人増えて18人が選ばれた。

 

 

 高被引用論文著者リストは同社が提供するデータベース「ウェブオブサイエンス」の引用分析に基づき作成される。世界中で発表された論文のうち引用回数が上位1%の論文を複数執筆し、過去10年間大きな影響力を持った研究者を選出するものだ。ノーベル賞クラスとされる引用栄誉賞の過去の受賞者もリストに含まれる。東大からは水島昇教授(医学系研究科)、十倉好紀教授(工学系研究科)が同賞を受賞していた。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年12月14日

「ニホニウム」決定を五神総長が祝福

COLUMN 2017年03月27日

訪問してもわからない? 研究室のオモテウラ【調査報道:ブラックラボとは何か③】

INTERVIEW / PROFESSOR 2018年05月15日

【AIの社会実装と応用①】AIで農業機械を自動運転 海津裕准教授

COLUMN 2019年08月14日

【著者に聞く】リノベーション建築の旅はいかが? 専門家が語る新旧融合の魅力

NEWS 2014年12月05日

博士人材がより活躍できる仕組みを:五神新総長質疑応答

TOPに戻る