LATEST NEWS 2016年12月1日

葛飾北斎の工夫ヒントに「除染スポンジ」開発 福島県での実験で効果

 アダヴァン・キリヤンキル・ビピン特任研究員(工学系研究科)らは、浮世絵師葛飾北斎が顔料に施した工夫をヒントに放射性物質セシウムを選択的に吸着するスポンジを開発したと発表した。東日本大震災被災地の除染作業の効率化が期待される。成果は15日付の英科学雑誌『サイエンティフィックリポーツ』(電子版)に掲載された。

 

 通常、除染では放射性物質の前に大量の他の化学物質を取り除く必要がある。北斎が用いた顔料「プルシアンブルー」はセシウムを選択的に吸着する除染の特効薬として知られていたが、水に溶け出しやすくセシウムの吸着後回収できないという問題があった。

 

 アダヴァン特任研究員らは今回、北斎が顔料に施した雨に溶け出さない工夫から着想。セルロースでできた非常に細い繊維とプルシアンブルーを結合させて不溶性プルシアンブルーを合成し、除染スポンジを開発した。福島県での実験では1カ月で放射線量が半減。除染スポンジに植物を植え、根からセシウムをスポンジまで吸い上げると除染効率が高まることも判明した。

 

 使用後圧縮が可能なスポンジは廃棄場所縮小にも貢献。今後大規模な実証実験を行い、実用化を目指す。

 


この記事は、2016年11月29日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2783_11_29pop622

ニュース:「違法建築物」撤去を検討 駒場キャンパス 調査実施も取り下げ
ニュース:新棟の詳細が決定 豊島国際学生宿舎 家賃は最低2万円
ニュース:総合図書館、利用制限か 17年度中の本館利用困難に
ニュース:「就職の強さ」は10位 THE世界大学ランキング
ニュース:「違法建築物」問題 東大の手続き怠慢か 関係者「まず対応説明を」
ニュース:12月17日、日体大と昇格戦へ アメフト 6連勝で1位決定
ニュース:国立大学法人評価 FLOWなど評価 個人情報管理、なお課題
ニュース:北斎の工夫ヒントに 除染スポンジ開発
企画:国民統合へ独自の役割担う タイ国王死去から迫る「現代の王室」
企画:死に際で輝く「中年の星」 若年層にも人気 『真田丸』の魅力
東大CINEMA:ヒトラーの忘れもの
研究室散歩:分析化学
東大今昔物語:女性合格に差別的見方
青春の一冊:興津要編 『古典落語』(講談社)
キャンパスガイ:羽田康孝さん(理・4年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2018年05月29日

【五月祭シンポジウム抄録】人工知能の未来を語り合う 会場も巻き込んだインタラクティブなイベント

NEWS 2017年04月05日

THEアジア大学ランキング、東大は昨年と同じ7位 全項目で得点上昇

EVENT 2016年11月18日

初日から300人来場!いま話題の「東京大学制作展『FAKE FUTURE』」ではどんな体験ができるのか?

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月18日

人はどのように選ばれる?…行動心理学アイエンガー教授から就活生へのアドバイス

EVENT 2015年06月25日

コンピュータの本質とは?ビジュアルプログラミング言語「Viscuit(ビスケット)」

TOPに戻る