COLUMN 2019年11月21日

【駒場祭2019ミス&ミスター東大コンテスト】③サーカー壽梨(サーカー・じゅり)さん(PEAK・4年)

 

忙しさは充実の証

 

 インド人の父親を持ち、幼少期から高校卒業までをムンバイで過ごした。日常生活で使っていたヒンディー語、現地での学校教育を通して身についた英語、母親に教わった日本語を使いこなすトライリンガルだ。

 

 「一生に一度の経験だから」とミスコンに出場。やりたいことは何でも挑戦する性格で、現在は教養学部で週10コマの講義を履修しながら通訳にライターやインターン、ア式蹴球部の活動までこなす。「1日に5〜7件は予定がある」とさらっと言ってのけるのは、日々が充実していることの証左だろう。

 

 取材もナレーションの仕事と撮影の合間を縫って引き受けてくれた。忙しい中でもユーモアを交えてはつらつと話す姿を見ているうちに、すっかりその魅力に取りつかれた。「ぜひ生で観て応援してほしい」とのメッセージに、記者も全くの同感である。


この記事は2019年11月12日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

インタビュー:人と違う視点を見つける 人気著作家が語る学生時代と仕事論 能町みね子さん
ニュース:佐々木元総長らが受章 文化勲章 紫綬褒章には4人
ニュース:ウナギ激減要因に殺虫剤の可能性
企画:〜五感で楽しめ〜 編集部が選んだおすすめ企画
企画:東大ガールズハッカソン2019 「×(掛ける・組み合わせる・multiply)」をテーマに開発
企画:輝く10人の東大生 栄冠は誰の手に ミス&ミスター東大コンテスト 駒場祭3日目開票
企画:駒場祭が見た70年 伝統ある学園祭の歴史を振り返る
企画:駒場Ⅰキャンパスマップ
キャンパスガイ:永野創斗さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2019年09月04日

東大生協のレジ袋有料化から4ヶ月 利用率が減少

COLUMN 2019年10月31日

音を立てるのは日本文化? 麺の食べ方巡る議論を再考

COLUMN 2017年02月26日

【東大受験生応援連載】2次試験の次は入学準備を 東大生協が入学準備説明会を開催

COLUMN 2019年01月09日

【駒場のアツいゼミ特集④】軍縮ゼミ 軍縮を多様な視点で客観的に捉え直す力を

PUBLIC RELATIONS 2016年08月04日

現役東大生がつくる東大受験本『東大2017 とんがる東大』発売

TOPに戻る