SPORTS 2016年11月8日

ラクロス男子、5年ぶりの決勝進出 早大に11得点圧勝

第2Q、張選手(#26)の敵守備陣をかわすゴールで4点目を挙げる=3日、大井第二球技場で(撮影・矢野祐佳)
第2Q、張選手(#26)の敵守備陣をかわすゴールで4点目を挙げる=3日、大井第二球技場で(撮影・矢野祐佳)

 

 ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は3日、決勝トーナメント1回戦(FINAL4)を早稲田大学と戦い、11―4で圧勝した。先制点獲得と第2Q(クオーター)の5得点が勝因となった。FINAL4を突破したのは5年ぶりで、決勝戦(FINAL)で慶應義塾大学と戦う。

 

東大 2 5 1 3 | 11
早大 1 0 0 3 | 4

 

 東大は第1Q序盤から走力を生かした攻撃を仕掛け、近藤駿一選手(法・4年)が先制。反則で相手選手が1人少ない好機に吉野潤選手(経・3年)が追加点を挙げ、ペースをつかむ。1点奪われるも好守備が続き、東大ペースで試合は進む。

 

 勝敗を分けたのは第2Q。開始4分、品川康宜選手(法・4年)が突き刺さるようなシュートで得点する。続いて張曄選手(工・4年)が敵守備陣をあっさりと抜き去り得点したのを皮切りに、相手の陣形を崩すパス力や、こぼれ球を確実に奪う屈強さを発揮。早大にほとんどボールを渡さず追加で3点奪う。

 

 拮抗した第3Qを終え第4Q、ゴール前の守備陣を減らして捨て身の攻撃を仕掛ける早大に連続3得点を許す。しかし走力を生かして、崩れた敵陣形の隙を突く攻撃で流れを取り戻し7点差で圧勝した。

 

 FINALは、12日に駒沢オリンピック公園総合運動場第ニ球技場で開催。今季リーグ戦で11―7で敗れた慶大とどんな試合を見せるか注目だ。

 

(横井一隆)

 

【関連記事】

ラクロス男子、体格で上回る相手に苦戦 米・ホフストラ大に敗北

ラクロス男子 序盤の失点響き、開幕戦で慶大に4点差完敗

ラクロス男子 成蹊大を8点差で破り今季リーグ戦初勝利

ラクロス男子 一橋大を破りリーグ通過へ前進

ラクロス男子、中大と引き分け 5点リード守れずリーグ戦突破は最終戦に持ち越し

ラクロス男子、7年連続の決勝トーナメント決定 リーグ最終戦で青学大に快勝

 


この記事は、2016年11月8日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2780_11_8pop622

ニュース:進学選択第3段階、その実像とは 経済・教育以外で実施
ニュース:決勝T1回戦を突破 ラクロス男子FINAL4 5年ぶりに決勝進出
ニュース:設備改善など要求 学部交渉 9日に5項目議論
ニュース:東大卒・湯﨑広島県知事が講演 「勇気を持って回り道を」
ニュース:学部交渉の狙い 要求内容の実質化目指す 事前交渉実現 要求を36→11に絞る
ニュース:東大1年が上位3人入り 日本IBMコンテスト プログラム開発課題で
ニュース:2017年度進学選択第3段階 定数・進学内定者数一覧
企画:早期英語教育の是非 理念の欠如、教員の不足……
企画:駒場Ⅰキャンパス サークル活動の場所が不足 団体数過多で予約取れず
東大新聞オンラインアクセスランキング:2016年10月
東大最前線:潮の干満と地震
東大今昔物語:駒場祭にも学生運動が
キャンパスガール:涌井 恵さん(理・4年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年08月27日

【七大戦】水球2日目、決勝で九大破り東大が2連覇

SPORTS 2016年10月23日

硬式野球、打線振るわず法大に連敗 1勝10敗で最下位確定

SPORTS 2015年04月22日

部員が見る軟式野球部 2015年度春季リーグ戦第3戦

SPORTS 2016年10月16日

【部員が見る軟式野球④】失策響き慶大に惜敗

SPORTS 2015年11月15日

東大アメフト 最下位チームに後味悪い辛勝

TOPに戻る