INTERVIEW / FEATURE 2016年5月12日

【五月祭おすすめ企画⑤】AGK味噌串カツ 愛知県民おふくろの味

昨年の五月祭で、味噌串カツの完売を喜ぶAGKのメンバー(写真はAGK提供)
昨年の五月祭で、味噌串カツの完売を喜ぶAGKのメンバー(写真はAGK提供)

 

AGK味噌串カツ

愛知学生会館

@合格通りB

2日とも終日

 

 文京区茗荷谷にある愛知学生会館(AGK)は、愛知県出身の学生のみで構成される男子寮。春には男だらけの花見に行くなど、寮生はみんな仲良しだ。

 そんなAGKは例年、五月祭で味噌串カツを販売している。味噌串カツは僕ら愛知県民のおふくろの味。中途半端な出来の串カツを出したら、親が泣きます」と「AGK味噌串カツ」代表の山田圭吾さん(文Ⅰ・2年)は語る。本企画は毎年大人気で、昨年は2日目の昼に1500本全てが売り切れた。「昨年の人気を踏まえ、今年は1800本販売します。売り切れる前に一度ご賞味ください」と山田さんは熱弁する。

 五月祭で味噌串カツを売っていると、愛知県出身のお客さんが話し掛けてくれ、地元トークに花が咲くのがとても楽しいという。「愛知県出身でない人も、カツを食べながら、ぜひとも僕らに話し掛けてください。愛知県の素晴らしさをお話しします」

 味噌串カツは1本200円、2本で300円と良心的な価格設定。串カツに付ける味噌は、寮の先輩たちから代々引き継がれてきた、門外不出のレシピを基に作る。そこからさらに、寮の食堂で試食会を重ね、味の改良に努める。時には寮生同士で「こっちの味噌の方がうまいに決まっているだろ!」と取っ組み合いのけんかになるという。彼らの味噌串カツに対する思いはどこまでも真剣で、味に対する妥協はない。

 愛知県出身の学生による、本気の味噌串カツ。「僕らの模擬店を通して、愛知のユニークな食文化を楽しんでほしい」。そう話す山田さんの瞳の奥では地元愛が静かに燃えている。

 

【五月祭おすすめ企画】

【五月祭おすすめ企画①】British Rock研究会五月祭ライブ ライブでの経験を生かす 

【五月祭おすすめ企画②】五月寄席 お笑い好き東大生の本気

【五月祭おすすめ企画③】ダブルダッチの宴 ただの縄跳びにあらず

【五月祭おすすめ企画④】マラバリスタ ジャグリングステージ プロ顔負けの華麗な演技

【五月祭おすすめ企画⑤】AGK味噌串カツ 愛知県民おふくろの味

【五月祭おすすめ企画⑥】なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷 科学の不思議さを体感

【五月祭おすすめ企画⑦】東京大学薬学部五月祭展示企画 最先端の研究を中高生も

【五月祭おすすめ企画⑧】東京大学箏曲研究会五月祭演奏会 現代曲を懐かしの音色で

【五月祭おすすめ企画⑨】合唱喫茶 Green Echo 合唱に耳を傾け一休み

【五月祭おすすめ企画⑩】ノギハロ! 2次元なのに3次元?

 

【五月祭 東大新聞主催イベント】「7月の選挙の話をしよう」 国会議員らと政治を考える

 


この記事は、2016年5月10日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2758_5_10pop-01

インタビュー:CMで社会を豊かに CMプランナー澤本嘉光さん
ニュース:今季最多得点も連敗 硬式野球 好調の投手陣崩れる
ニュース:強豪明大から白星 アメフトオープン戦 学習院大には快勝
企画:~企画担当者に聞く~ 編集部厳選 11のおすすめ企画
企画:東大に関わる博物館を一挙に紹介 五月祭の展示の向こう側へ
企画:自分だけの道 後悔せず進む 神宮&箱根の「ヒーロー」に聞く
東大教員が語る偉人伝:宮沢賢治生誕120年にあたって 小森 陽一教授(総合文化研究科)
地域の顔:本郷編 長谷川 大さん(街ing本郷代表理事)
キャンパスガール:沖廣 玲子さん(法・3年)
※本郷キャンパスマップ掲載

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2016年04月21日

〈平和〉を自分事に置き換える権利を、戦争の抑止力に…弁護士 笹本さん 後編

NEWS 2017年01月24日

全国で雪のセンター試験 東大管轄では試験時間の繰り下げなし

INTERVIEW / OBOG 2017年07月03日

「法外」を恐れるな 社会学者・宮台真司教授インタビュー

COLUMN 2016年09月21日

細胞分裂で色が変わる大腸菌? 東大生が国際大会金メダルを目指す

NEWS 2016年10月19日

冊子『本郷の学生生活』表紙デザイン案を募集

TOPに戻る