INTERVIEW / FEATURE 2016年5月13日

【五月祭おすすめ企画⑧】東京大学箏曲研究会五月祭演奏会 現代曲を懐かしの音色で

箏を始めたばかりの1年生の練習。譜面を見ながら丁寧に演奏する(撮影・石沢成美)
箏を始めたばかりの1年生の練習。譜面を見ながら丁寧に演奏する(撮影・石沢成美)

東京大学箏曲研究会 五月祭演奏会

東京大学箏曲研究会

@弥生講堂アネックス

14日正午~午後2時

 

 「箏(そう)」は日本伝統の弦楽器だ。一般的には「こと」と呼ばれるこの楽器は、演奏したことはなくとも音色になじみのある人が多いだろう。箏を演奏する唯一のサークルである東京大学箏曲研究会の演奏会は、伝統楽器ならではの心地よい演奏で聞く者を楽しませる。

 箏曲には幾つかの流派があるが、箏曲研究会は楽器に対して斜めに構える「生田流」。毎週水曜日に全体で稽古に励み、外部から招いた師範による丁寧な指導もある。部員は20人ほどで、各自が自主練習に励んでいる。初心者がほとんどで、ピアノのように「すぐに音が出る喜び」に引かれた人も多いという。

 演奏会の魅力は、「現代曲を多く演奏するところ」だと語るのは、代表の小鹿悠悠さん(理Ⅱ・2年)。「『聞いていると眠くなるのでは』と思われがちですが、古典曲と違って昭和以降の現代曲はメロディーやリズムがはっきりしているので、飽きることなく聞くことができます」

 昨年の五月祭では立ち見が出るなど好評を博した。「なじみのない人にも楽しんでもらえたし、音色を懐かしんでくれる年配の人も多かったですね」。尺八部との合奏を予定しており、普段耳にしている音楽とは一味違った音楽を楽しむことができる。五月祭に初めて臨む1年生が毎年演奏する『花かげ変奏曲』の初々しさにも注目だ。

 毎年、多くの人が気軽に演奏を聞きに来る。冬休み明けから音源を聞き込んで練習に励むなど準備は万端だ。「さまざまなジャンルの曲を演奏するので、なじみのない人でも楽しめるはずです。いろいろな年代の方に来てほしいですね」

 

【五月祭おすすめ企画】

【五月祭おすすめ企画①】British Rock研究会五月祭ライブ ライブでの経験を生かす 

【五月祭おすすめ企画②】五月寄席 お笑い好き東大生の本気

【五月祭おすすめ企画③】ダブルダッチの宴 ただの縄跳びにあらず

【五月祭おすすめ企画④】マラバリスタ ジャグリングステージ プロ顔負けの華麗な演技

【五月祭おすすめ企画⑤】AGK味噌串カツ 愛知県民おふくろの味

【五月祭おすすめ企画⑥】なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷 科学の不思議さを体感

【五月祭おすすめ企画⑦】東京大学薬学部五月祭展示企画 最先端の研究を中高生も

【五月祭おすすめ企画⑧】東京大学箏曲研究会五月祭演奏会 現代曲を懐かしの音色で

【五月祭おすすめ企画⑨】合唱喫茶 Green Echo 合唱に耳を傾け一休み

【五月祭おすすめ企画⑩】ノギハロ! 2次元なのに3次元?

 

【五月祭 東大新聞主催イベント】「7月の選挙の話をしよう」 国会議員らと政治を考える

 


この記事は、2016年5月10日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2758_5_10pop-01

インタビュー:CMで社会を豊かに CMプランナー澤本嘉光さん
ニュース:今季最多得点も連敗 硬式野球 好調の投手陣崩れる
ニュース:強豪明大から白星 アメフトオープン戦 学習院大には快勝
企画:~企画担当者に聞く~ 編集部厳選 11のおすすめ企画
企画:東大に関わる博物館を一挙に紹介 五月祭の展示の向こう側へ
企画:自分だけの道 後悔せず進む 神宮&箱根の「ヒーロー」に聞く
東大教員が語る偉人伝:宮沢賢治生誕120年にあたって 小森 陽一教授(総合文化研究科)
地域の顔:本郷編 長谷川 大さん(街ing本郷代表理事)
キャンパスガール:沖廣 玲子さん(法・3年)
※本郷キャンパスマップ掲載

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2014年09月12日

「学生のうちはバカやるべき」2014年度五月祭 東大テニミュ 白石蔵ノ介役

COLUMN 2016年04月10日

東大の入学式は、なぜ12日開催なのか

COLUMN 2014年04月15日

【サークル奮闘記】10万5000人が来場するイベントを100人で運営! ~ 駒場祭委員会

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月13日

【五月祭おすすめ企画⑨】合唱喫茶 Green Echo 合唱に耳を傾け一休み

NEWS 2017年04月26日

東大、学生向けに政策協働プログラムを開始 現地調査通じ課題解決へ

TOPに戻る