EVENT 2016年7月28日

湘南の海で冷凍みかん 東大みかん愛好会が8月6日にイベント

写真は東大みかん愛好会提供
写真は東大みかん愛好会提供

 

 「日本のみかんの消費量を増やす」ことを目指す東大みかん愛好会は、8月6日に「真夏の海で冷凍みかん in湘南」を、サザンビーチちがさき(神奈川県茅ヶ崎市)の海の家・夏倶楽部で開く。真夏の海岸で冷凍みかんを販売するこのイベントは昨年から始めており、今年で2回目。

 

 このイベントは「真夏の海で冷凍みかんを定番化させ、新しい風物詩に」することをコンセプトに冷凍みかんの魅力を伝えることで、みかんの消費量増加に貢献することを目指す。昨年初めて同様の企画を行った時は、用意した約100個の冷凍みかんがすぐ完売するほどの人気ぶりだったという。

 

 当日は、日本で初めて冷凍みかんを製造した株式会社井上(同小田原市)から直接仕入れた約100個の冷凍みかんを10:30から販売。写真撮影のブースとして、ある冬の風物詩も登場する。また、19:30からはサザンビーチちがさきの花火大会も予定されており、海、冷凍みかん、花火の全てを1日で楽しめる。

 

 東大みかん愛好会の小林あづささん(文化学園大学・2年)は「海と冷凍みかんはありそうでなかった組み合わせ。最近は食べる機会がほとんどなくなってしまった皮つきの冷凍みかんを是非一緒に盛り上げていきましょう。当日、サザンビーチでお待ちしています!」と熱く語った。

 

写真は東大みかん愛好会提供
写真は東大みかん愛好会提供

 

 東大みかん愛好会はみかんの国内消費量減少を受け「国産みかんの消費量を増やす」ことを目的に2014年に活動を開始した、東大生を中心とするインカレサークル。これまでに旅行会社とコラボした「みかん列車」の運行や、駒場キャンパスでのみかん無料配布など、みかんの魅力を発信する活動を行ってきた。

 

 

【関連記事】

東大みかん愛好会、受験対策

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2017年09月14日

自主制作とは思えないクオリティ 学生映画の頂上決戦、東京学生映画祭が開催

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球③】早大との接戦制し今季2勝目

COLUMN 2015年03月25日

サークル紹介:新体操サークルazul claro

NEWS 2016年09月10日

ABUロボコン、日本代表・東大は中国に惜敗で3位に 部長「来年は優勝を」

EVENT 2016年09月25日

議論する力、表現する力、運営する力 学生の力が実る学生のための政策立案コンテスト

TOPに戻る