SPORTS 2016年10月13日

七大戦閉会式を挙行 主管校優勝で東大歓喜

学士会からクリスタルトロフィーが授与された=9月24日、本郷キャンパスで(撮影・関根隆朗)
学士会からクリスタルトロフィーが授与された=9月24日、本郷キャンパスで(撮影・関根隆朗)

 

 東大が主管校を務め、総合優勝した第55回全国七大学総合体育大会(七大戦)の閉会式が9月24日、本郷キャンパスで開催された。南風原朝和理事・副学長や七大学の学生らが出席し、昨年12月から9カ月にわたった大会を締めくくった。次回大会は名古屋大学が主管校を務める。

 

 閉会式では総合成績の発表の後、南風原理事・副学長から賞状・優勝旗・優勝杯が、学士会の渡辺幸重事務局長からクリスタルトロフィーが、運動会総務部委員長の渥美真生さん(文・4年)に授与された(写真)。その後、五神真総長の大会会長あいさつを南風原理事・副学長が代読。大会意義に「真のアマチュアリズムの理念」を挙げ、「七大戦は人間的成長の場。得た体験を次回大会に継承してほしい」と語った。

 

 次に今大会の実行委員長を務めた松山宏彰さん(法・4年)と、次回大会で実行委員長を務める桑山晃久さん(名大)があいさつ。松山さんは「2年前は東北大学に最終競技で抜かれており、最後まで気が抜けなかったが、総合優勝を果たせて良かった」と述べた。その後、大会マスコットを務めたイチ公が次回主管校へのエールとして桑山さんにタスキを渡して会場を沸かせ、松山さんによる閉会宣言で閉幕した。

 

【関連記事】

七大戦、ラクロス男子と少林寺拳法で優勝 7競技終え、東大が首位(2016年7月7日公開)

七大戦開会式を安田講堂で挙行 硬式テニス男子で優勝し、東大が首位を快走(2016年7月13日公開)

七大戦、追い上げ許すも東大が首位堅持(2016年7月19日公開)

七大戦、18競技終了時点で13.5点差首位(2016年8月3日掲載)

七大戦、東大が2位に大差で首位快走(2016年8月30日掲載)

七大戦、東大が8月終え首位堅持 弓道女子が3年ぶり優勝(2016年9月6日掲載)

 


この記事は、2016年10月11日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2776_10_11pop622

ニュース:大隅東工大栄誉教授にノーベル賞 「オートファジー」を解明 一時は東大で研究
ニュース:決勝T1回戦に進出 ラクロス男子 青学大に7点差快勝
ニュース:硬式野球 打線沈黙で連敗 2戦でわずか2得点
ニュース:農・磯貝教授に本田賞 東大からは初
ニュース:大隅栄誉教授ノーベル賞 細胞が自身のタンパク質分解 「オートファジー」とは
ニュース:東大法科大学院 3年連続で最高評価 分類ごとに補助金
ニュース:七大戦閉会式 主管校優勝で東大歓喜
ニュース:第55回七大戦 結果一覧
企画:「EU離脱」から国民投票を考える
企画:朝ご飯、食べていますか? 考えて充実させよう
東大新聞オンラインアクセスランキング:2016年9月
東大発ベンチャー:コンシェルジュ
東大今昔物語:進振り結果に歓喜の声
地域の顔 本郷編:MEGRO
キャンパスガール:吉澤和子さん(理学系・修士1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年08月27日

【七大戦】水球2日目、決勝で九大破り東大が2連覇

SPORTS 2016年11月14日

ラクロス男子、慶大にリーグ決勝で大敗 一時リードなど中盤まで互角

SPORTS 2016年12月05日

アメフト、今季最多の52得点で快勝 全勝で17日の昇格戦へ

SPORTS 2018年05月06日

硬式野球 0-1でサヨナラ負け 小林投手が好投見せるも早大に惜敗

SPORTS 2015年10月28日

東大アメフト、攻撃陣振るわず連敗 後半に逆転負け

TOPに戻る