SPORTS 2018年5月28日

【部員が見る軟式野球2018⑨】早大に競り勝ち、今季6勝目

春季リーグ戦第9戦vs早稲田大学(4月23日)

 

東大 0 0 0 0 0 2 0 2 0 | 4

早大 0 0 0 0 2 1 0 0 0 | 3 

 

 リーグ戦優勝へ向けて敗戦が許されない東京大学は、先発にここまで防御率0点台を誇る主戦西野(育・3年)を送り出す。その西野は四回まで被安打1の見事な投球を見せるも、打線にあと一本が出ず、両者無得点のまま五回表までを終える。

 

3打点をあげて勝利に貢献した吉川選手(写真は軟式野球部提供)

 

 試合が動いたのは五回裏。東京大学は、四死球と安打で満塁のピンチを背負うと、早稲田大学の九番、後藤の内野ゴロの間に一点を先制される。さらに続く打者の放った打球が一塁手勝田(経・4年)の失策を誘って追加点を奪われ、この回二点を失う。

 

 反撃したい東京大学は六回表、二死から三番保知(文Ⅱ・2年)が四球で出塁すると、四番吉川(理Ⅰ・2年)の右中間を破る二塁打で一点を返す。続く五番西池(農・4年)もセンター前に適時打を放ち、東京大学はすぐさま同点に追いつく。

 

 しかし続く六回裏、西野は3四球でピンチを背負うと、二死後早稲田大学の七番池田に痛恨の適時打を浴び、勝ち越しを許してしまう。

 

 八回表、東京大学は粘りを見せる。一死から二番松本(文・4年)が安打で出塁すると、続く三番保知が左中間に二塁打を放ち、一死二・三塁の好機を作る。ここで四番吉川が一二塁間に内野安打を放つと、保知の好走塁も飛び出し二者生還、東京大学が逆転に成功した。

 

二塁打を放ち攻撃を牽引した保知選手(写真は軟式野球部提供)

 

 その後は西野がランナーを許しながらも粘り強い投球でリードを守りきり、4ー3で本学が勝利した。西野は137球の熱投で、今季4勝目を挙げた。

 

 次戦は4月25日、戸田市営球場にて慶應義塾大学と春季リーグ戦第10戦を行う。本学のリーグ優勝には、次戦での勝利が必要条件となる。全日本大会出場に向け、チーム一丸となって勝利を掴み取りたい。

 

文責:軟式野球部 信崎悠太(文Ⅲ・2年)

 

【部員が見る軟式野球2018】

開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

明大に4ー3で開幕2連勝

慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

法大に逆転を許し2連敗

立大に無失点勝利で前半戦折り返し

打線がつながり明大に快勝

早大とのエース対決制し、首位に並ぶ

打線封じられ、立大にわずか4安打で敗北

早大に競り勝ち、今季6勝目

リーグ優勝に向けて慶大に快勝

早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

打線に力なく法大に1ー6 優勝ならず

新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2014年04月15日

【サークル奮闘記】10万5000人が来場するイベントを100人で運営! ~ 駒場祭委員会

SPORTS 2016年10月23日

硬式野球、打線振るわず法大に連敗 1勝10敗で最下位確定

SPORTS 2019年07月25日

東大スポーツ 2019年春を総括【アメフト】試合運びに課題 厚い選手層構築へ

INTERVIEW / OBOG 2019年02月07日

「みんなで筋肉体操」出演東大卒弁護士に聞く 筋肉は裏切らない!

SPORTS 2018年12月03日

アメフト リーグ戦最終戦は惜敗 来季は1部リーグ上位TOP8でプレー

TOPに戻る