SPORTS 2018年7月8日

【部員が見る軟式野球⑮】春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

春季ブロック大会一回戦vs東京経済大学(6月18日)

 

東経 0 0 3 0 0 0 0 0 0 | 3

東大 0 0 0 1 3 0 0 0 × | 4

 

 西関東の4つの軟式野球連盟の各リーグ上位2チームによるブロック大会の一回戦、新チーム初の公式戦に臨んだ本学は東都軟式野球連盟一位の東京経済大学と対戦した。先発には、秋季リーグでの活躍が期待される小川(文Ⅱ・2年)を送りこむ。

 

同点となる適時二塁打を放った保知選手(写真は軟式野球部提供)

 

 試合は両軍無得点で迎えた三回、相手に左翼線への適時二塁打を打たれ先制を許す。さらに遊撃手静間(文Ⅲ・2年)の落球によって2点を追加されてしまう。一方、打線は一巡目走者を出すこともできず、苦しい展開に立たされる。

 

 それでも、先発小川の粘投に応えるかのように、本学は四回、三番川﨑(経・3年)がチーム初の安打を放つとすかさず盗塁を決め、相手の失策も絡んで1点を返すことに成功する。そして五回には一死二塁から串田(文Ⅱ・2年)の安打でチャンスを広げ、相手の暴投で1点差に詰め寄ると、二死後保知(文Ⅱ・2年)、青木(文Ⅰ・2年)が連続で適時二塁打を放ち、一気に試合をひっくり返す。

 

勝ち越しとなる適時二塁打を放った青木選手(写真は軟式野球部提供)

 

 その後、打線は五回途中から登板した相手の2番手投手片山の前に無安打に終わるなど追加点をあげられなかったが、守りでは五回から登板したエース西野(育・3年)が、四回を投げ5奪三振を奪うなどほぼ完璧な投球を見せる。九回は3番手で登板した田中(理Ⅰ・2年)が3人で締め、見事本学が勝利した。

 

 新チーム初の公式戦で勝利した本学は準決勝進出を決め、あと2試合戦えることになった。優勝を目指しつつ、この2試合で一年生を含め各々が経験を積み、次の秋季リーグに生かせるようにしていきたい。                                                    

文責:軟式野球部 澤根和真(文Ⅰ・2年)

【部員が見る軟式野球2018】

開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

明大に4ー3で開幕2連勝

慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

法大に逆転を許し2連敗

立大に無失点勝利で前半戦折り返し

打線がつながり明大に快勝

早大とのエース対決制し、首位に並ぶ

打線封じられ、立大にわずか4安打で敗北

早大に競り勝ち、今季6勝目

リーグ優勝に向けて慶大に快勝

早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

打線に力なく法大に1ー6 優勝ならず

新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年05月21日

硬式野球 法大先発の前に散発4安打完封負け 10戦全敗で今季の全試合終了

SPORTS 2019年05月05日

硬式野球 投打にいいところなく慶大に連敗

SPORTS 2017年04月23日

アメフト部 今年から1部昇格の桜美林大に3―17で完敗

INTERVIEW / FEATURE 2017年03月21日

元日本代表・岩政選手がア式蹴球部の新コーチに就任

NEWS 2017年10月06日

硬式野球 宮台投手がプロ志望届 東大6人目のプロ野球選手誕生なるか

TOPに戻る