SPORTS 2018年9月14日

【部員が見る東大軟式野球2018秋①】秋季リーグ初戦は春季リーグ優勝校・法大と引き分け

軟式野球秋季リーグ第1戦vs法政大学(8月28日)

 

法政 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 | 3

東京 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 | 3

 

 秋季リーグ第1戦、2年連続となる東日本大会出場を目指す東京大学は春季リーグの優勝校である法政大学との試合に臨む。初戦を勝ち取り勢いに乗りたい東京大学は、先発投手として1年生の水田(文Ⅰ・1年)を送り出す。

 

 一回表、早くも試合が動く。法政の先頭打者にいきなり三塁打を浴びると、四球と野選で1死満塁のピンチを迎える。押し出しの四球で1点を先制され、さらに犠飛で2点目を失う。

 

 しかし二回裏、七番串田(文Ⅱ・2年)が安打で出塁すると続く八番中田(理Ⅰ・2年)の打球が相手の失策を誘う。2死一二塁の好機で迎えた九番中谷(理Ⅱ・2年)は初球を捉え右中間を破る三塁打を放ち、同点に追いつく。

 

同点の2点三塁打を含む2安打を放った中谷選手(写真は軟式野球部提供)

 

 四回表、東京大学は満を持して主戦西野(育・3年)を送り込む。しかし西野は立ち上がりに苦しみ、1死満塁と攻め込まれた後、法政大学三番打者に左前適時打を打たれ、1点を勝ち越されてしまう。

 

 それでも東大は粘りを見せる。一番からの好打順で迎えた五回の裏、先頭の保知(文Ⅱ・2年)が左前安打で出塁し、すかさず盗塁を決める。続く二番青木(文Ⅰ・2年)が手堅く犠打を決め、1死三塁で迎えた好打者川﨑(経・3年)が放った内野への打球の間に三塁走者が生還し同点に追いつく。

 

 その後は西野の要所を締める投球で法政打線を封じるも、東大打線も相手投手の前に抑えられ、延長十一回の末、引き分けた。

 

8回1失点の好救援を見せた西野投手(写真は軟式野球部提供)

 

 勝ちきれなかったとはいえ、春季リーグの優勝校法政を相手に引き分けられたのは収穫の一つであり上々の滑り出しと言えよう。次戦は勝利という形で、勝ち点を重ねたい。

 

 文責:保知大也(文Ⅱ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年09月15日

【部員が見る東大軟式野球2018秋②】攻守に精彩を欠き、明大に1ー5で敗北

SPORTS 2018年06月09日

【部員が見る軟式野球2018⑬】打線に力なく法大に1-6 優勝ならず

SPORTS 2015年09月03日

東大軟式野球 打線つながらず開幕戦落とす

SPORTS 2018年06月05日

【部員が見る軟式野球2018⑫】決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

SPORTS 2018年06月03日

【部員が見る軟式野球2018⑪】早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

TOPに戻る