SPORTS 2018年9月17日

【部員が見る東大軟式野球2018秋③】先制するも打線振るわず 立大に2ー9で敗北

秋季リーグ戦第3戦vs立教大学(9月1日)

 

東大 1 0 0 0 0 0 0 1 0 | 2

立大 0 0 4 1 0 0 0 4 × | 9

 

 リーグ戦開幕からの2戦で、ここまで1分1敗といまひとつ波に乗り切れず、とにかく1勝を手にしたい東大が迎えた秋季リーグ第3戦、対立教大学戦。東大は先発として開幕戦の法政大学戦と同じく1年生左腕水田(文Ⅰ・1年)を送り出す。

 

初回に先制の適時打を放った吉川選手(写真は軟式野球部提供)

 

 一回表、早くも試合が動く。二死から三番川﨑(経・3年)が安打で出塁すると、すぐさま盗塁を決め、二死二塁の好機を作る。ここで、四番吉川(理Ⅰ・2年)が勝負強さを発揮し右前安打を放ち、東大が幸先良く1点を先制する。

 

 しかし、三回裏、水田が3つの四死球で二死ながら満塁となり、迎えるは立教大学の四番寺崎。フルカウントからの6球目を完璧に捉えられ、結果は満塁本塁打。立教大学に逆転を許す。さらに、四回裏にも1点を加えられてしまう。

 

 その後、八回表に五番静間(文Ⅲ・2年)の適時打で1点を返したものの、八回裏に再び4点を奪われると最終回7点差を逆転することができず、そのまま試合終了となった。

 

八回に適時打を放った静間選手(写真は軟式野球部提供)

 

 目標とする東日本大会優勝へ向けて、まずは出場するためにはもう絶対に負けられない戦いが続くが、目の前の戦いに集中し、一戦必勝の思いで勝利を積み重ねていきたい。    

文責:軟式野球部 中谷智一(理Ⅱ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年06月09日

【部員が見る軟式野球2018⑬】打線に力なく法大に1-6 優勝ならず

SPORTS 2018年06月03日

【部員が見る軟式野球2018⑪】早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

SPORTS 2015年09月03日

東大軟式野球 打線つながらず開幕戦落とす

SPORTS 2018年09月14日

【部員が見る東大軟式野球2018秋①】秋季リーグ初戦は春季リーグ優勝校・法大と引き分け

SPORTS 2018年07月08日

【部員が見る軟式野球⑮】春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

TOPに戻る