SPORTS 2018年9月18日

【部員が見る東大軟式野球2018秋④】慶大に4ー3で今季初白星

秋季リーグ戦第4戦vs慶應義塾大学(9月7日)

 

慶大 0 0 1 0 0 0 0 1 1 | 3

東大 0 2 0 0 0 0 2 0 × | 4

 

 ここまでなかなか勝ち星を挙げる事ができずに迎えた秋季リーグ第4戦。この試合で何とか1勝をもぎ取りたい東大は、先発に主戦西野(育・3年)を送り出す。その西野は慶應打線を相手に、序盤を首尾よく抑える。

 

 打線が援護を見せたのは二回裏。先頭の六番串田(文Ⅱ・2年)が死球で貴重な出塁を遂げ、進塁打などで二死三塁とすると、九番中谷(理Ⅱ・2年)の打球が三塁手の失策を誘い、一点を先制する。続く一番保知(文Ⅱ・2年)にも右翼手の頭を超える三塁打が飛び出し、更に1点を追加する。

 

猛打賞に加え、守備でも再三好プレーを見せた保知選手(写真は軟式野球部提供)

 

 しかし続く三回表、慶應義塾大学が反撃に出る。二死から二番中村が左前安打で出塁すると、投手の暴投の間に二塁へと進む。続く三番桑田の痛烈な打球が二塁手静間(文Ⅲ・3年)を襲うとこれを処理しきれず、この間に中村の生還を許し、1点差に詰め寄られる。

 

 その後は相手の先発投手小林(薫)に抑え込まれるも、負けじと東大も西野の好投、三塁手保知をはじめとする内野陣の堅守などにより相手打線を無得点に切って取り、試合は接戦の様相を呈する。この試合、保知は8本もの打球を処理した。

 

 追加点が欲しい東大は、七回裏に好機を迎える。相手二番手投手久保寺の立ち上がり、三番川﨑(経・3年)が三塁打を放つと、四球を挟み五番静間の適時打で勝ち越しに成功する。六番串田も連続安打で続くと、七番村田(理Ⅰ・1年)の飛球を中堅手が落球し、この回貴重な2点目を挙げる。

 

猛打賞を含む4出塁の活躍を見せた川﨑選手(写真は軟式野球部提供)

 

 その後は西野が力投を見せ、八回、九回と立て続けに相手に好機を与えるも、両回共に1点ずつの失点で踏ん張り、先発選手9人の奮闘で、嬉しい今季初勝利を挙げた。

 

 この試合の結果、東大は同率3位に浮上した。次戦は9月12日戸田市営球場にて、現在同じく3位で並ぶ法政大学と秋季リーグ第5戦を行う。本戦で勝利した勢いを活かして次戦も勝利し、優勝争いに絡んでいきたい。

文責:軟式野球部 松岡昇汰(理Ⅰ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年06月15日

【部員が見る軟式野球2018⑭】新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

SPORTS 2018年04月23日

【部員が見る軟式野球2018③】慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

SPORTS 2018年07月13日

【部員が見る軟式野球⑰】法大に逆転を許し、雪辱果たせず

SPORTS 2015年09月03日

東大軟式野球 打線つながらず開幕戦落とす

SPORTS 2018年06月02日

【部員が見る軟式野球2018⑩】リーグ優勝に向けて慶大に快勝

TOPに戻る