LATEST NEWS 2019年10月11日

新型タンパク質「ヘリオロドプシン」構造解明

ヘリオロドプシンの全体構造

左は結晶中での二量体構造。右図はバクテリオロドプシンの構造との重ね合わせ

 

 志甫谷渉研究員(理学系研究科)らは、新型の光応答性タンパク質「ヘリオロドプシン」の構造を解明した。成果は9月25日付の英科学誌『ネイチャー』(電子版)に掲載された。

 

 膜タンパク質「ロドプシン」は、微生物の場合、主に光に反応しイオンを細胞内外に運ぶ。従来のロドプシンとアミノ酸配列が違うヘリオロドプシンは、イオンを運ばず光への反応が鈍く、未知の情報変換分子を介した光情報伝達に関わるとされてきた。ただロドプシンとの構造の違いや、構成要素であるレチナールの入手経路は不明だった。

 

 今回、ヘリオロドプシンは微生物ロドプシンの一種「バクテリオロドプシン」とは配列が似ていないがレチナールとの結合方法や構造の類似性が高いこと、ロドプシンと比べ膜内での配向が逆転していることが確認された。ヘリオロドプシンの細胞外側は疎水的なアミノ酸残基で閉じ、イオンや基質が通る隙間はないため輸送体とは考えにくい。細胞内側には水分子を介した広範な親水性相互作用があり、光受容に伴うヘリオロドプシンの構造変化に重要だとされる。レチナールを効率的に取り込むためと思われる横穴もあった。


この記事は2019年10月8日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュース:アジア初の重力波観測拠点へ 重力波望遠鏡KAGRA年内に本格稼働
ニュース:新型タンパク質 「ヘリオロドプシン」構造解明
ニュース:2年連続総合3位に 第58回七大戦閉幕
ニュース:総合図書館 試行結果反映し 3人席導入継続
ニュース:システムデザイン研究センター開設
ニュース:地球温暖化の経済被害を推計軽減の可能性あり
ニュース:熱戦も初勝利ならず アメフト 法政大に惜敗
ニュース:ヘリウムガスの再液化事業拡大
企画:学力と音楽経験との関係は? 日本の音楽教育の歴史と成果
企画:全ての人が心地良い空間へ ムスリムのためのハラル認証制度を考える
推薦の素顔:豊島伊織さん(文Ⅲ→育)
知のrecipe:漬魚のコクうまパスタ
NEW GENERATION:神経科学
漫画×論評 TODAI COMINTARY:『ちーちゃんはちょっと足りない』阿部共実
キャンパスガイ:中溝陽平さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2019年08月29日

110 億年前の巨大銀河 宇宙の進化の謎深まる

NEWS 2019年11月26日

仁科記念賞に岩佐教授 東大からは2年ぶり

NEWS 2019年07月12日

ニューロテンシン受容体とGタンパク質の複合体構造を解明 薬の副作用軽減

2019年10月01日

重力波望遠鏡KAGRA本格稼働へ 世界水準の観測精度に期待

COLUMN 2019年10月26日

芸術に大学の知性を 芸術創造連携研究機構 世界水準の芸術教育へ

TOPに戻る