LATEST NEWS 2014年10月16日

本郷にて秋季入学式

2014年度秋季入学式が7日、本郷キャンパスの伊藤国際学術研究センター地下2階の伊藤謝恩ホールで挙行された。学部生27人、大学院生543人が晴れの日を迎えた。

nyugaku1.JPG

濱田純一総長は式辞で、たゆみない勉学と研究を通じて学ぶことの大切さを英語で述べた。幅広い知識は、社会や学術の事象に対する理解を深め、自分の判断での行動を可能にすると説明。それだけでなく、研究し成果を公表する過程での恐怖を乗り越えることで、勇気と自由を育むことができると学生に訴えた。

nyugaku2.JPG

研究科長式辞は、西村淸彦経済学研究科長が述べた。式辞の最後では、新入生に向けて「困難を避けるな」「自発的になれ」「よく対話せよ」「夢を持て」という4つの目標を提示した。

新入生総代を務めたのは、農学生命科学研究科の博士課程とPEAKへの新入生の2人。東大への期待を胸に、大学生活の抱負を宣誓した。

nyugaku3.JPG

理学部では、本年度から海外の学生を3年生に受け入れるグローバルサイエンスコースを開始。7人の留学生が化学科に編入した。また、PEAKには20人の学生が入学した。

nyugaku4.JPG

この記事は、2014年10月14日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2015年04月25日

武道館で東大入学式。五神総長「既存の常識超えよ」

NEWS 2014年04月16日

3158人の新東大生 ~ 総長「新世界に己を投げ込め」

TOPに戻る