EVENT 2018年5月24日

「プロ集団」の本格演奏を地元でも 東大オケがサマーコンサートを開催

 音楽部管弦楽団(東大オケ)は7月21日から、全国5都市で演奏を披露する「サマーコンサート2018」を開催する。チケットは税込み1000円〜でhttp://www.ut-orch.com/2018summerから申し込み可能(売り切れの場合あり)。

 

 

 東大オケは東大で唯一、東大生のみで構成されるオーケストラ。NHK交響楽団のコンサートマスターなど日本トップ級の指導者の下、東大の入学式・卒業式での演奏を任されるほどのレベルを誇る。コンサートでは20世紀最大の指揮者カラヤンが絶賛したザ・シンフォニーホールや、サントリーホールなど、日本を代表するホールを使うまさに「プロ集団」だ。

 

 そんな東大オケによる毎年好評のサマーコンサートが今年も開催。全国に本格的なオーケストラの音色を響かせる。東は千葉県から西は福岡県まで「例年より広い範囲に演奏を届けに行きます」と東京埼玉公演担当の古野杏子さん(法・3年)。訪れる都市も去年より二つ増えた。「そもそもアマチュアのオーケストラでツアーコンサートを行うのは全国でも数少なくめずらしい」と自信をのぞかせる。

 

 

 披露する曲は、

・序曲「ローマの謝肉祭」(ベルリオーズ)

・バレエ組曲「くるみ割り人形」(チャイコフスキー)

・交響曲第8番ト長調op. 88(ドヴォルザーク)

の3曲。指揮者には、長くチェコでタクトを振ってきた武藤英明氏(写真)を迎える。関西公演担当の東由哲さん(文・3年)は「特にドヴォルザークはチェコ出身なので、本格的な演奏になると思います」と話す。なじみ深い「くるみ割り人形」は、オーケストラに敷居の高さを感じる人でも楽しめる。

 

 

 3曲の披露を終えた後には「お楽しみ」も。それぞれの地方色を出した楽曲や、観客が参加するイベントで、最後まで飽きることはない。東大オケのサマーコンサートは、地元でハイレベルな演奏を、手ごろな価格で鑑賞する絶好のチャンス。「ぜひライブに行くような感じで気軽に来てください!」

 

  • コンサートマスターよりメッセージ

 

 

 こんにちは、農学部4年の堀江尚志です。今回、東大オケサマーコンサート2018では、コンサートマスターを務めさせていただきます。さて、東大オケは他の多くの大学オケと異なり、全て東大生で構成されています。つまり、入試などを通し、ただ一つの答えを求めてきた者たちが、答えのない音楽に翻弄(ほんろう)されながらも真剣に向き合い、作り上げた音を聴くことができるのは、プロアマ問わず日本中を探しても東大オケだけです。そんな東大オケが全国5カ所に音楽をお届けに参ります、ぜひ聴きに来てください!

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年08月06日

【東大ラグビー部寄稿】リオ五輪「7人制ラグビー」の見どころ

SPORTS 2017年05月07日

硬式野球 またも2桁失点で立大に連敗 今季8戦を終えて未勝利

SPORTS 2017年02月24日

データで読み解く東大のドラフト候補・宮台の現在地

SPORTS 2015年01月07日

東大アメフト 1部下位リーグBIG8に残留

SPORTS 2016年06月27日

ホッケー男子 入替戦に敗れ、今季全敗で2部降格

TOPに戻る