LATEST NEWS 2017年9月12日

「Pokémon GO」は労働者の心の健康の保持・増進に有効

 

 渡辺和広さん(医学系・博士3年)らは、2016年に公開されたスマホゲームアプリ「Pokémon GO」を1カ月以上継続して遊んだ労働者に、気分の落ち込みや不安、疲労感といった心理的ストレス反応の減少がみられたと明らかにした。世界で初めて「Pokémon GO」と労働者の心理的ストレスとの関連を示す研究成果だ。成果は9月7日付の英科学誌「サイエンティフィックリポーツ」(電子版)に掲載された。

 

 拡張現実を利用したスマホアプリ「Pokémon GO」は、あたかも現実世界でポケモンを育て、捕まえるかのような体験ができ、遊ぶためには外出して動く必要がある。この特性上、「Pokémon GO」が引きこもりや気分の落ち込みの解消に有効であるなど、心の健康に及ぼす効果についても議論されてきた。しかし、これらの議論は事例証拠や専門家の意見にとどまっており、科学的な証拠が示されていなかった。

 

 渡辺さんらは今回、15年11月から追跡していた日本の正社員・正職員を対象に、「Pokémon GO」を1カ月以上継続して遊んだことがあったかを16年12月に調査し、継続して遊んでいた群、そうでない群の心理的ストレス反応の程度を聴取した。結果、継続して遊んでいた群は15年11月時点と比較して心理的ストレス反応が減少していた。一方、継続して遊んでいなかった群の心理的ストレス反応には変化はなかった。

 

 研究成果は、拡張現実を利用した新しいゲームが労働者の心の健康状態を改善する可能性を示唆した。今後は「Pokémon GO」をはじめとする新しい技術を利用したゲームが心の健康を改善する仕組みや、より厳密な効果検証のための研究を進める予定だ。

 

●渡辺さんらによる論文はこちら

 

2017年9月13日18:00【追記】渡辺さんらの論文へのリンクを追加しました。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年11月01日

科研費、東大に最多の配分 半分強を国立大占める

NEWS 2017年06月15日

東大・川原圭博准教授ら、薄く柔軟なモーター開発 ソフトロボットへの応用へ

EVENT 2015年11月24日

11/24(火) 清水 亮さんセミナー「人類補完計画」で全人類がプログラミングできる社会を作る

EVENT 2015年07月12日

「批判よりも、提言を」難民保護を巡る新枠組みについてのポリシーメイキング 8月1日開催

INTERVIEW / OBOG 2015年09月25日

“CGで医療を変える”:東大医学部卒サイエンスCGクリエイター瀬尾拡史さん前編

TOPに戻る