LATEST NEWS 2014年1月28日

アルツハイマー病の研究で改ざんの疑い

アルツハイマー病の予防や克服を目指し、医学部附属病院を中心に38の大学病院や研究機関が参加して取り組んでいる国の研究で、条件に合わない患者が多数登録された上、実験のデータが改ざんされた疑いが出ている。厚生労働省は17日までに、この研究の中心になっている東大に自発的な調査を要請している。

今回問題となっている研究「J―ADNI(ジェイ・アドニ)」はアルツハイマー病の進行の評価法確立を目指し、2008年から臨床研究を行ってきた。プロジェクトリーダーは岩坪威教授(医学系研究科)。2013年からは特に脳の老化の早期段階に注目した「J―ADNI2」も始動し東大でも臨床研究が開始されている。

各種報道によると、改ざんがあったと指摘されているのは高齢者に対する心理実験のデータ。他に実験の条件に合わない患者が多数登録されているとも指摘されている。

田村憲久厚生労働大臣は17日、閣議後記者会見で臨床研究の中心となっている東大に自発的な調査を行うよう呼び掛けていることを明らかにしている。

(2014年1月28日号より)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2014年07月04日

「病院外で心停止になると助からない?」

NEWS 2017年06月16日

東大医学系研究科・笠井清登教授ら、統合失調症患者に神経伝達異常を確認

2017年12月30日

【東大の2017年⑥】分生研5論文で不正を認定 捏造・改ざんの常態化に指摘

NEWS 2016年06月07日

理Ⅲ対象アンケート、入試の「面接復活」賛否割れる 有効性に疑問の声も

EVENT 2015年07月03日

7/16(木) 国際保健政策学 渋谷健司教授セミナー

TOPに戻る