LATEST NEWS 2016年6月7日

理Ⅲ対象アンケート、入試の「面接復活」賛否割れる 有効性に疑問の声も

理Ⅲ1・2年生54人から回答を得た
理Ⅲ1・2年生54人から回答を得た

 

 東大は2018年度入試から理Ⅲで面接を復活する。東京大学新聞社は実際の理Ⅲ生の医療への意識や、面接をどう見ているのかを知るために、理Ⅲ生を対象としたアンケートを実施。面接に肯定的な意見が過半数を占めるも、否定的意見も多くあった。(構成・関根隆朗)

 

 アンケートは理Ⅲ1・2年生の全200人を対象として5月19~27日に実施し、54人から回答を得た。入試での面接が必要か、面接の狙いは達成されるかなどを聞いた。(数値は全て小数第2位を四捨五入)

 

 理Ⅲ入試に面接が必要と思うか尋ねると、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人が61・1%、「どちらかといえばそうは思わない」「そうは思わない」が38・9%で、肯定派が約6割を占めた。面接が必要と答えた人に理由を尋ねると「人間性も臨床には大事」「トップレベルの学力を持つ学生でも医師としての心構えが必要」など、人間性や医師への適性の評価が必要という意見が多く上がった。面接が不要と答えた人からは「面接で判断できるものが不明瞭」のように面接の有効性を疑問視する声や「進学選択で医学科志望者に面接を課せば良い」との声が挙がった。

Figure2

 

【関連記事】

東大理Ⅲ入試で面接復活 18年度から

2018年度から復活の理科三類面接、過去の試験では何が問われたのか

 


 この記事は、2016年6月7日号からの抜粋です。本紙では、その他のアンケート結果や、オリジナルの記事を掲載しています。

2762_6_7pop622

ニュース:面接復活、賛否割れる 理Ⅲ対象アンケート 有効性に疑問の声も
ニュース:京大に52年ぶり連勝 アメフト ラン中心に42得点
ニュース:今季初得点も早大に黒星 ホッケー男子 残留懸け入替戦へ
ニュース:硬式野球 桐生選手が六大学ベスト9 宮台、田口選手が日本代表候補
ニュース:軍事研究の検討会設置 日本学術会議 軍事・学術の接近受け
ニュース:TEDxUTokyo 多分野の著名人ら15人が講演
ニュース:人工知能学の寄付講座設置
企画:メディア全体で問題意識を 「報道の自由度72位」の打開策を探る
企画:漫画企画③:「作家エージェント」という道 雑誌・編集者の枠越える
新研究科長に聞く:③公共政策大学院 飯塚敏晃教授
推薦の素顔:田中優之介さん(理Ⅰ・1年→工)
地域の顔 駒場編:駒場文化推進委員会
連載小説:『猫と戦争と時計台』㉚
NEW GENERATION:天然物化学 淡川孝義助教(薬学系研究科)
Campus百景:東大で「猫」といえばやっぱり…
東大CINEMA:世界から猫が消えたなら
キャンパスガール:堀内優希さん(文Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年03月25日

5人に1人は「1日12時間以上ゲーム」経験者 ~東大生のゲーム事情~

NEWS 2017年01月24日

全国で雪のセンター試験 東大管轄では試験時間の繰り下げなし

COLUMN 2016年02月01日

東大受験本番の思い出③ 散々だった受験本番。そんな僕でも受かる

COLUMN 2015年02月19日

東大受験本番の思い出③ 散々だった受験本番

COLUMN 2015年02月20日

東大受験本番の思い出④ 肩の力を抜いて

TOPに戻る