SPORTS 2015年4月23日

部員が見る軟式野球部 2015年度春季リーグ戦第4戦

軟式野球部春季リーグ第4戦vs立教大学(3月30日)

東京| 000000000|0

立教| 00010100 ×|2

前の試合で敗れ、1勝1敗1分と波に乗りきれない中、迎えた第4戦。優勝争いに留まるためにもどうしても勝ちたい一戦だ。

第4戦今季打撃好調の遊撃手 杉山主水(工・4年).jpg

先発の瀬戸翔(工・4年)は三回まで危なげないピッチングで立教打線を0点に抑えていたが、四回裏、先頭打者に安打を許し、牽制暴投などもあって1死三塁のピンチを迎えると、暴投により一点を奪われる。

さらに、六回には立教の2番大山に本塁打を浴び、東大は終盤に2点を追いかける苦しい展開となる。一方、東大の攻撃は、立教先発大野の素早い牽制に六回までに三つの牽制死を喫するなど、好機を作ることができない。東大は、八回裏にも連打を浴び、二死二、三塁のピンチを迎えるが、ここは瀬戸翔(工・4年)の気迫のピッチングで追加点は許さない。

意地を見せたい東大は、九回表、先頭の1番大音(理Ⅰ・2年)が左中間へ二塁打を放ち、無死二塁の好機を迎える。しかし、続く2番新妻(経・3年)の痛烈なライナーはサード正面への打球となり、走者大音が二塁憤死、好機を潰してしまう。そのまま試合終了となり敗戦となった。

走塁ミスが多く得点力不足が目立つ試合となってしまったが、諦めずに残り6戦を戦いたい。

軟式野球部 大音裕紀(理Ⅰ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年04月11日

硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

SPORTS 2016年05月16日

アメフト部 2部所属の東工大にまさかの苦杯

SPORTS 2017年04月28日

【部員が見る軟式野球④】東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

SPORTS 2017年07月13日

【春の東大スポーツを振り返る】硬式野球部 四死球や失策で自滅 

SPORTS 2016年05月21日

硬式野球部、宮台投手の粘投で法大に勝利 12年ぶりのシーズン3勝目

TOPに戻る