SPORTS 2016年4月18日

【部員が見る軟式野球③】早大との接戦制し今季2勝目

軟式野球部春季リーグ戦第3戦vs早稲田大学(4月12日)

 

東大 2 0 1  1 0 0  4 0 0| 8
早大 0 0 1  0 0 0  1 3 1 |6

 

明治大学に敗れ、リーグ成績を1勝1敗とした東大。今季初対戦の早稲田大学を相手に、東大は4年生の相良(経・4年)を先発に送り出す。

6回を1失点に抑える好投を見せた相良投手(写真は軟式野球部提供)
6回を1失点に抑える好投を見せた相良投手(写真は軟式野球部提供)

一回表、先頭の大音(工・3年)が四球で出塁すると吉井(経・3年)の犠打で得点圏に走者を置き、永幡(工・3年)の左前適時打で先制。さらに五番片山(経・4年)の中前適時打で2点目を奪い幸先の良い滑り出しに成功する。

さらに三回表二番吉井(経・3年)が相手の失策で出塁すると続く永幡(工・3年)の犠打ののち五番片山(経・4年)の2本目となる適時打で1点を追加。四回表にも2死から振り逃げで出塁した一番大音(工・3年)が盗塁を成功させ好機を作り出すと、続く吉井(経・3年)が左前適時打を放ち1点を追加し東大は優位な試合運びを行う。

 

序盤から打線の援護を受けた先発相良(経・4年)は三回裏に一死から安打や盗塁で危機を迎えると続く打者に適時二塁打を打たれ1点を失う。しかし相良(経・4年)は6回を投げその1点の他に相手打線の反撃を許さず勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りる。

 

七回表東大は吉井(経・3年)の中越え二塁打、永幡(工・3年)の四球、片山(経・4年)の内野安打で一死満塁の好機を作ると相手守備の乱れで2点を追加、さらに二死満塁とし九番松本(文Ⅲ・2年)が二点適時二塁打を放ちこの回4点を追加する。

打席に立つ片山選手(写真は軟式野球部提供)
打席に立つ片山選手(写真は軟式野球部提供)

しかしこの裏登板した二番手投手西(農・3年)は四球と連続安打で無死満塁の危機を招くと次打者に押し出しとなる四球を与え1点を失い、さらに八回裏この回から登板した三番手投手濱野(文Ⅱ・2年)も四死球や安打で危機を迎えると連続押し出しなどで3点を失う。

 

なおも一死満塁とするもここで登板した四番手投手松本(文Ⅲ・2年)が併殺打に抑え危機を脱する。九回裏に相手打者に本塁打を打たれるも後続を抑え見事勝利。

春季リーグ2勝目を手にした東大。悲願のリーグ優勝に向け今後も邁進していきたい。             

 

軟式野球部 豊嶌 謙大朗(文Ⅱ・2年)

 

第1戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球①】投打かみ合い法政との開幕戦に快勝

第2戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球②】明治の勢い止められず、今季初黒星

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年04月29日

硬式野球 宮台投手、五回途中7失点 終盤の追い上げも及ばず 

SPORTS 2017年05月14日

アメフト部 京大に35失点し完封負け オープン戦3連敗

SPORTS 2017年10月05日

七大戦 東大は総合4位で連覇ならず

NEWS 2018年06月01日

駒場コモンズ 掘削工事を開始 工事は6月20日まで

NEWS 2016年03月25日

5人に1人は「1日12時間以上ゲーム」経験者 ~東大生のゲーム事情~

TOPに戻る