SPORTS 2016年6月11日

【部員が見る軟式野球⑩】春季リーグ最終戦に勝利し連敗ストップ 5位で終戦

軟式野球部春季リーグ戦第10戦vs慶應義塾大学(5月19日)

東大先発の相良投手(写真は軟式野球部提供)
七回一失点と試合を作った東大先発の相良投手(写真は軟式野球部提供)

 

慶應 0 0 1 0 0 0 0 0 0 | 1

東大 0 0 0 2 0 2 0 0 × | 4

 

 先日の試合で五連敗を喫した東大は、五位が確定した状態で春季リーグ最終戦を迎える。この試合ですでに引退が決まってしまっている四年生のためにも必勝したい東大は、慶應に対して四年生投手相良(経・4年)を先発に立てる。

 一回表、相良(経・4年)は先頭打者を打ち取るも次打者に右前安打を許す。しかし、相手の積極走塁に対し今季初出場の捕手西池(理Ⅱ・2年)が盗塁を刺し相手に思い通りの攻撃をさせない。その後二連続四球を出すも最後は三振に抑え、無失点で切り抜ける。続く二回もニ死から二連続四球を出すも、持ち前の打たせて取る投球を見せ、この回も相手の得点を許さない。

 しかし三回、先頭を三振に抑えるも、続く打者に打撃妨害を与えさらに失策もからみ一死二塁とされると、四番打者に右二塁打を打たれ一点を失う。次打者も失策で出塁され一死二,三塁の危機が続く。この状況に対し四年生相良(経・4年)は動じることのなく後続二人を打ち取って、この回を一失点で終える。

 相良(経・4年)の粘りの投球に応えたい東大は四回裏、一死から二番吉永(理Ⅰ・2年)が死球をもらい、三番永幡(工・3年)が右前安打放つ。続く四番大川(工・3年)も死球をもらい一死満塁の好機を作る。ここで四年生の片山(経・4年)の打球が相手の失策を誘い二点を奪取し、逆転に成功する。六回には先頭の永幡(工・3年)が中前安打で出塁すると続く四番大川(工・3年)が右三塁打を放ち一点、さらに続く片山(経・4年)の内野ゴロの間にもう一点追加する。打線の援護をもらった相良(経・4年)は要所を締め、七回一失点で降板する。後を託された三年生主戦投手大川(工・3年)が八回、九回をしっかり無失点に抑え、試合終了。最終戦を勝利で飾った。

 春季リーグを五位で終えた悔しさを次の秋季リーグにつなげられるよう、新チームとして鍛錬を積んでいきたい。 

 

軟式野球部 吉永 健太朗(理Ⅰ・2年)

 

第1戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球①】投打かみ合い法政との開幕戦に快勝

第2戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球②】明治の勢い止められず、今季初黒星

第3戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球③】早大との接戦制し今季2勝目

第4戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球④】大川投手が被安打3失点1で完投勝利

第5戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球⑤】全勝明大の勢い止められず、大一番で敗戦

第6戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球⑥】慶應との2位対決に敗れ、優勝が消滅

第7戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球⑦】早大に3―6、3連敗で今季3勝4敗に

第8戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球⑧】流れに乗り切れず立教に敗れ4連敗

第9戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球⑨】追い上げ及ばず、泥沼の5連敗

第10戦はこちら→ 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年08月27日

【七大戦】水球2日目、決勝で九大破り東大が2連覇

COLUMN 2014年04月24日

【サークル奮闘記】最後の年こそ輝きたい。輝かなければならない。 東京大学WARRIORS

SPORTS 2016年10月22日

硬式野球 13残塁の拙攻で今季4度目の完封負け 法大との初戦を落とす

SPORTS 2016年09月09日

「勝ち点に向け鍵は投手」 硬式野球・浜田監督 リーグ開幕前インタビュー

SPORTS 2016年09月23日

第55回七大戦 東大が歴代最高得点で4年ぶり11回目の総合優勝

TOPに戻る