SPORTS 2016年9月30日

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

軟式野球部秋季リーグ戦第2戦vs早稲田大学(9月26日)

 

東 大 1 0 0 0 0 1 3 0 1 | 6
早稲田 2 0 0 1 0 0 0 0 0 | 3

 

 雨による順延で約一カ月ぶりの試合となった東大。早稲田大学を相手に、東大は一年生投手・西野(文Ⅲ・1年)を先発として送り出す。

 

 一回表、東大は二番大音(工・3年)が四球で出塁後すかさず二盗を決め、次打者吉井(経・3年)の中前安打で先制する。しかしその裏、二つの失策が絡んで二点を失い、あっさりと逆転を許してしまう。四回裏にも犠飛で一点を追加され、さらに五回裏、東大は安打と四球で無死二三塁の危機を迎える。しかし遊撃手大音が難しい直飛球をさばき、飛び出した三塁走者を刺して併殺に打ち取り何とかこの回を無失点で切り抜ける。

 

吉井選手の走者一掃の左越え二塁打で逆転に成功(写真は軟式野球部提供)
吉井選手の走者一掃の左越え二塁打で逆転に成功(写真は軟式野球部提供)

 

 初回以降無失点に抑えられていた東大だが、この好守により勢いを得る。続く六回表、先頭の永幡(工・3年)が死球で出塁するとすかさず二盗を決め、次打者五番吉永(理Ⅰ・2年)の中前安打で生還。一点を返す。さらに七回表には、相手の守備の乱れと四球で得た好機で、三番吉井がこの日四本目の安打となる走者一掃の左越え二塁打を放ち、逆転に成功する。次打者永幡も二塁打を放ち、早稲田大学を突き放す。九回表には、無死二塁の好機で大音が試合を決める中前安打を放つ。

 

 投げては六回から西野の後を受けた二年生吉川(文Ⅲ・2年)が、四球などで危機を迎えるものの粘りの投球を見せ、早稲田打線を無失点に封じ込める。最後は七回から登板した三年生西(農・3年)がしっかりと抑え、試合を締めくくった。粘り強く逆転勝利を収め、開幕から未だ負けのない東大。リーグ戦はまだ序盤だが、この勢いに乗ってこれからの試合でも勝利を収めていきたい。

 

軟式野球部 勝田湧心(文Ⅱ・2年)

 

【関連記事】

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月27日

ラクロス男子、中大と引き分け 5点リード守れずリーグ戦突破は最終戦に持ち越し

SPORTS 2015年08月29日

東大ラクロス男子 昨年度学生日本一の慶大に勝利 開幕戦を制す

SPORTS 2015年01月02日

2014年の東大野球部を振り返る

SPORTS 2018年11月20日

アメフト 念願の1部リーグ上位昇格決める リーグ戦6戦全勝で優勝

SPORTS 2017年05月21日

硬式野球 法大先発の前に散発4安打完封負け 10戦全敗で今季の全試合終了

TOPに戻る