SPORTS 2016年10月7日

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

軟式野球部秋季リーグ戦第3戦vs立教大学(9月28日)

 

立教 0 0 0 0 2 1 0 0 0 | 3

東大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 | 1

 

東大先発の大川投手(写真は軟式野球部提供)
東大先発の大川投手(写真は軟式野球部提供)

 

 前試合は延長戦の末引き分けに終わり、何とか今度こそ白星を挙げたい立教大学との第二試合。東大は先発に大川(工・3年)を送り出す。

 

 試合はお互い走者を出すも、後続を断ち無失点に抑える投手戦となった。試合が動いたのは五回表、先頭を四球で出し一死二塁とされると相手の一、二番に連打を浴び2点を先制される。なおも一死二塁とされるが気持ちを切り替え何とか後続を抑えた。六回表、この回から一年投手小林(理Ⅱ・1年)がマウンドに上がるが、先頭を失策で出すと盗塁・犠飛によりあっさりと1点を失う。

 

西池選手の適時打で1点を返す(写真は軟式野球部提供)
西池選手の適時打で1点を返す(写真は軟式野球部提供)

 

 何とか反撃したい東大は七回裏、先頭の四番永幡(工・3年)が安打で出塁しさらに盗塁を決め好機を演出すると、二死三塁で七番西池(理Ⅱ・2年)がこの試合自身三本目の安打を放ち1点を返す。しかし反撃もここまで、残り二回をいずれも三者凡退で抑えられ敗北となった。

 

 敗戦になったが、多くの課題が見つかった試合であった。この敗戦を残り7試合につなげて東日本大会に出場できるよう絶えず努力していきたい。 

 

軟式野球部 吉永 健太朗(工・3年)

 

【関連記事】

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年12月19日

大学スポーツの安全性・財源強化へ 日本版NCAA構想に迫る

NEWS 2017年10月03日

ラクロス男子 今季最多11失点で一橋大に敗北 予選リーグ敗退が濃厚に

SPORTS 2019年05月20日

アメフト オープン戦第3戦は慶應義塾大に完敗 格上相手に流れ引き寄せられず

NEWS 2017年09月14日

自主制作とは思えないクオリティ 学生映画の頂上決戦、東京学生映画祭が開催

INTERVIEW / FEATURE 2015年04月04日

ジャズダンスサークル・FreeD !(フリー・ディー)

TOPに戻る