SPORTS 2017年3月29日

【部員が見る軟式野球①】慶大に1―3 春季リーグは黒星スタート

軟式野球部春季リーグ戦第1戦vs慶應義塾大学(3月23日)

 

慶應 0 0 2 0 0 0 1 0 0 | 3

東大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 | 1

 

 4年生にとっては最後のリーグ戦となる春季リーグが開幕した。流れを引き寄せるためにも初戦を勝利で飾りたい東大は、先発に安定感のある西(農・3年)を送り出す。

 

開幕投手を務めた西投手(写真は軟式野球部提供)

 

 一回の裏、一番の大川(工・3年)が振り逃げで出塁し盗塁で二塁へ進む。さらに二番大音(工・3年)の進塁打で一死三塁とすると、続く吉井(経・3年)の内野ゴロの間に1点を先制する。しかし三回表、失策と四球で一死一二塁とされると、投手・西の暴投が続き1点を返される。その後慶應の二番大和久にレフト前ヒットを許し、さらに1点を追加される。七回表には四球で許したランナーを慶應の一番菊池の三塁打で返され、3点目を許す。このままでは終われない東大は八回裏、慶應の二番手投手小林を攻め、二死ながら走者一、三塁の好機を演出するも、三番吉井が内野ゴロに倒れ得点には至らなかった。その後も相手の堅実な守備と投球に反撃を阻まれ、東大は痛い敗戦を喫した。

 

 大事な初戦を落としたものの、多くの課題と収穫を得た。この敗戦を糧に、次戦以降は堅い守りから攻撃のリズムを作り、足を絡めた攻撃で少ない好機を得点につなげるという、今リーグで目標としてきた野球で勝利をつかみたい。

 

軟式野球部 小林瑶平(理Ⅱ・1年)


【部員が見る軟式野球】

東大軟式野球部、明大に1―0で今季初白星

東大軟式野球部が2016年秋季リーグ優勝校・早大に快勝

東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

リーグ2位の東大は延長の末、慶大と引き分け

東大、ここまで全勝の法大に5点差からの逆転勝利

東大が延長の末、早大に痛いサヨナラ負け

東大、後一本が出ず法大に敗退 リーグ優勝を逃す

エース西野投手の好投で立大を下し、東大はリーグ準優勝

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年04月28日

駒場で「運動会」開催 運動会が主催 新入生がリレー

NEWS 2016年01月18日

世界銀行で働くために必要なこと、働き続けるうえで大切なこと

COLUMN 2014年04月03日

【サークル奮闘記】駒場で開かれる「2.4時間テレビ」とは?

SPORTS 2016年07月13日

七大戦開会式を安田講堂で挙行 硬式テニス男子で優勝し、東大が首位を快走

SPORTS 2016年10月17日

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

TOPに戻る