COLUMN 2015年2月10日

東大多浪物語①

二次試験まで残り15日の今日は、現役東大生の合格体験談を紹介します。

今回は3年間の浪人生活の末、東大合格を果たした長谷川真邑さん(24)に話を伺いました。

合格体験談.jpg

今回の合格体験記は、三浪の末、東大合格を果たした長谷川真邑さん。文科三類で入学し、現在は文学部社会学専修過程の3年生です。多浪ならではの話を伺いました。

――まずは、受験経過について教えてください。

香川県の丸亀高校出身です。現役で落ちた後、東京に出てきて駿台予備校に通っていました。一浪で受験も失敗して、二浪目も色々あって失敗。そこで早稲田の政治経済学部に入ったのですが、どうしても諦められなくて、センター試験出願日当日に受験することを決めて、そこから猛勉強して合格しました。

――なるほど…。二浪目のときは何があったのですか?

まず、予備校に通ってなかったんです。予備校の授業って毎年同じなんですよ。だから受ける意味ないなぁと思って。そのときは京王線沿いに住んでいたのですが、色々やらかしていましたね。2010年でサッカー・ワールドカップもあって、日本代表がカメルーンに勝利したときは、近くの味の素スタジアムで仲間と上裸で騒いだんです。そうしていたら警察に職質を受けて(笑)。そのときに仲間は「大学生です」って答えているのに、自分は予備校も通ってないので「無職です」って答えたんですね。あれは悔しかったですね(笑)。

あと、二浪の人は全員悩むと思いますが、成人式がありますよね。僕はわざわざ香川に帰って、飲み会も含め全出席しました。それで羽目を外しすぎて風邪を引いて、センター試験のときも治ってなかったですね(笑)。今思うと落ちて当然というか。だいたい、年を通して一日の平均勉強時間は一時間そこそこでしたから。

――激しいですね(笑)。次回は早稲田での仮面浪人についてや、受験生活について伺います。

(聞き手 沢津橋紀洋)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年01月09日

【受験生応援2018】センター失敗談 悩む問題を後回しにしておけば……

COLUMN 2014年03月20日

子どもに算数で「まずやってみよう」と教えるということ

INTERVIEW / FEATURE 2018年04月01日

【蹴られる東大①】本音で語る、僕らが海外を選んだ理由(上) 海の向こうへの挑戦

COLUMN 2016年02月06日

受験生応援! 君が通う街 東京案内 その①

INTERVIEW / PROFESSOR 2017年08月09日

【東大教員から高校生へ】水島昇教授インタビュー 研究者とはどんな存在か

TOPに戻る