SPORTS 2019年9月17日

【部員が見る東大軟式野球2019秋③】失策絡み慶應大に2-3で敗れる 開幕3連敗

軟式野球部秋季リーグ第3戦vs慶應義塾大学(9月4日)

 

東大 0 0 1 0 0 0 1 0 0 | 2

慶大 0 0 2 0 0 0 1 0 × | 3

 

 2連敗で迎えたリーグ戦第3戦。なんとしても白星が欲しい東大は水田(文Ⅰ・2年)を先発に送り出す。

 

 試合が動いたのは三回。二死から静間(育・3年)が四球で出塁すると盗塁を敢行し二死二塁の好機を作り出す。ここで三番保知(経・3年)が適時打を放ち先制点を奪う。しかしその裏水田が四球や暴投が絡み一死二三塁のピンチを迎えると相手四番に2点適時打を浴び逆転を許す。ここで登板した小川(経・3年)は追加点を許さない好救援を披露しその後も続投。五回まで無失点で切り抜け味方の反撃を待つ。

 

好救援をみせた小川(経・3年)(写真は軟式野球部提供)

 

 期待に応えたい打線は四回に一死三塁の好機を作るも得点に結び付けることができず、六回にも二死一二塁と得点圏に走者を進めるもあと1本が出ず追い付くことができない。六回からは木村(理Ⅱ・1年)が登板、慶應打線をテンポよく抑えていった。すると七回に東大打線は制球の定まらない相手投手の投球を冷静に見極め三つの四死球で満塁の絶好機を生み出す。ここで四番に座る吉川(工・3年)が押し出しとなる四球をもぎ取り同点に追いついた。しかしその裏、失策で先頭打者に出塁を許すとさらに失策も絡み一死三塁となる。その後内野ゴロで相手三塁走者が本塁に突入。一塁手の吉川が本塁へ送球するも間に合わず勝ち越しを許す。どうにか追いつきたい東大打線は九回に無死一二塁と攻め立てるも相手の好守にも阻まれ得点できずそのまま試合終了となった。

 

敗戦投手となったものの、この日も安定した投球を見せた木村(理Ⅱ・1年)(写真は軟式野球部提供)

 

 開幕3連敗と苦しいリーグ戦序盤となっているがここから白星を積み重ね東日本大会出場権を獲得したいところである。 

 

文責:軟式野球部 菅野雅之(文Ⅱ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年07月11日

東大アメフト 防衛大に白星でオープン戦閉幕

SPORTS 2016年10月17日

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

SPORTS 2015年10月14日

東大アメフト 開幕3連勝逃す 中盤の失点響く

SPORTS 2016年06月26日

アメフト、防衛大に35-10で勝利 オープン戦を5勝1敗で終える

NEWS 2017年09月14日

自主制作とは思えないクオリティ 学生映画の頂上決戦、東京学生映画祭が開催

TOPに戻る