LATEST NEWS 2017年5月21日

東大・五月祭で高橋まつりさんの母親と弁護士が講演 東大新聞主催シンポジウム

 東京大学新聞社は五月祭2日目の5月21日、「新しい働き方」を考えるシンポジウムを開催した。広告代理店「電通」の新入社員だった女性が過労死した問題について、自殺した高橋まつりさんの遺族代理人である川人博弁護士と高橋まつりさんの母親である高橋幸美さんが講演。複数人の有識者を招いてのパネルディスカッションも実施された。

 

講演する川人弁護士(左)と高橋幸美さん(撮影・児玉祐基)

 

 第1部の講演会では川人弁護士と高橋幸美さんが登壇。川人弁護士が高橋まつりさんの事件の実情などを説明し、高橋幸美さんは「皆が幸せに働いていける社会にしてほしい」と約200人の来場者に訴えた。

 

 第2部では川人弁護士に加え、新卒で電通に入社し多様な経歴を持つ芦名佑介さん、サイボウズ執行役員事業支援本部長の中根弓佳さん、東大卒で『脱社畜ブログ』管理人の日野瑛太郎さんの4人でパネルディスカッションを実施。「2018年新卒として就活をするなら、どういう基準で何を選ぶか」「今後就活する学生が働き方を変えるためにできることは」といった話題に沿って多様な意見が展開された。

 

【関連記事】

高橋まつりさんの死は人ごとか 東大OGの過労死を巡って

「新しい働き方」を考える 電通過労死事件の関係者らを招き五月祭シンポジウムを開催

過労死をなくすため、再考するべき5つの論点…東大五月祭シンポジウムレポート

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

PUBLIC RELATIONS 2016年06月02日

「逆境に打ち勝ち、リーダーとして道を切り開くには」 ~東大駒場の大人気講義、瀬地山角先生のジェンダー論スピンオフ講演~

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月14日

江川さんインタビュー「みんな自分が思っているほどまともじゃない、変態から始めよう」

INTERVIEW / OBOG 2014年03月31日

迷った時は、「後悔してもより納得がいく」ほうを選ぶ 桝アナウンサーインタビュー2

NEWS 2016年09月02日

東大でオープンキャンパス 昨年から1万人増の約3万人が参加登録

COLUMN 2016年02月12日

「平和を愛し学業の万難を廃する力、大学戦士トーダイン!」東大特撮研に迫る。

TOPに戻る