LATEST NEWS 2015年10月28日

東大生のアイドルコピーダンスユニットが新人戦で準優勝

東大生のアイドルコピーダンスユニット「東大Honeypot」は13日、新宿ReNY(東京都新宿区)で開催された大学生のアイドルコピーダンスコンテストの新人戦「UNIDOL2015 Fresh」で準優勝した。全14ユニットで優勝したのは、明治大学の「Copia」。 東大Honeypotは今年8月に結成された東大生5人組ユニット。「偏差値だけじゃない可愛さ日本一ユニドル」を目標に掲げている。本番では、アイドルグループ「私立恵比寿中学」の「仮契約のシンデレラ」など4曲のダンスを披露した。 「UNIDOL」は「University Idol」の略で、「普通の女子大生が、一夜限りの“アイドル”としてステージに立つ」がコンセプト。2012年から始まった。新人戦には、UNIDOLの大会初出場ユニットと出場経験のあるユニットの1年生のみが出場できる。順位は審査員と観客の投票で決定。年2回、本大会も開催される。   ◇東大Honeypotインタビュー   ――準優勝おめでとうございます リハーサルで失敗が多く、まさか準優勝出来るとは思いませんでした。本番では失敗してもいいから楽しんでやろうと思ったのが良かったのかと思います。投票してくれた観客の皆さんに感謝の思いを伝えたいです。   ――ダンスの構成についてどんな点を工夫しましたか 自分たちがアイドルオタクなので、オタクがみんなで盛り上がることのできる選曲にしました。「微分積分ぶんぶんぶん」という合言葉も使いました。審査員からは「東大生である点を嫌味なほど押し出した構成で、分かりやすくて評価できる」と言われましたね(笑)。   ――今後の目標は 冬に開催される本大会にも出場して皆さんを楽しませたいです。応援よろしくお願いします。   (取材・文 横井一隆)

準優勝が決まり、感動を分かち合う東大Honeypot(撮影・横井一隆)
準優勝が決まり、感動を分かち合う東大Honeypot(撮影・横井一隆)

 

UNIDOL2015―16 Winter 関東予選の様子はこちら

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2018年08月11日

【東大2019①】国連広報センター所長 根本かおるさんインタビュー

NEWS 2016年08月21日

東大のジェンダー問題で東大生にアンケート 「問題は深刻か」の回答に男女差

NEWS 2017年11月13日

ミス・インターナショナル日本代表に杉本さん 「日本人の強さや美しさを見せたい」

INTERVIEW / FEATURE 2016年03月10日

Another Face? : What the Vice Chairman of Goldman Sachs Has “Invested” Over 10 Years

NEWS 2017年12月20日

アイドルコピーダンスユニット「東大CHOCO=CROW」が関東予選を突破

TOPに戻る