LATEST NEWS 2016年6月28日

THEアジア大学ランキング、東大は7位に転落 QSでも順位下げる

Figure1

 

 英教育専門誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』は21日に最新版アジア大学ランキングを発表し、開始以来3年連続1位の東大は7位に転落した。英教育機関クアクアレリ・シモンズ(QS)社も13日に最新版を発表し、東大は昨年から一つ順位を落とし過去最低の13位に。国際化の項目で低迷し、THEでは全項目で得点が下がった。

 THEの「アジア大学ランキング2016」で東大は全項目で昨年から点数が落ち、総合点も8・3点下がり67・8点だった。教育は78・3点で首位を守るも、研究は79・5点でシンガポール国立大学・清華大学に抜かれ3位に。論文被引用数も総合上位6大学平均74・3点に対し60・9点と差が付いた。国際化は2・1点下がり30・3点で、国内最高も筑波大学の34・4点、30点超えはわずか3校と国内全体で課題となった。

 総合1位はシンガポール国立大。96・2点の国際化などで東大を上回った。南洋理工大学は研究で67・0点(昨年比11・1点増)、論文被引用数で85・6点(昨年比9・7点増)など主要項目で点を伸ばし2位に躍進。昨年、総合点の70点超えは東大とシンガポール国立大のみだったが、今年は東大が70点を下回る中、上位5大学が70点を超えた。

 

Figure2

 

 QS社の「アジア2016」では09年の開始以来最低の13位となった。学術評価と企業評価で昨年に続き100点を取るも、受け入れ交換留学生数で11・7点、送り出し交換留学生数で9・3点と低迷。今年導入の「Ph.Dを持った教員数」では90・8点で、京大(99・1点)や東工大(97・9点)を下回った。

 総合1位3年連続でシンガポール国立大が獲得し、清華大が昨年11位から5位へ上昇した。日本で30位以内に入ったのは昨年より一つ減って7大学。東工大のみが昨年より順位を上げたが、他の国内上位大学は軒並み順位を下げた。

 

【関連記事】

シンガポール国立大に留学した記者が語る、シンガポール国立大の三つの特徴とは?

→ 東大に代わるアジア大学ランキング首位 シンガポール国立大とはどのような大学なのか

 


 この記事は、2016年6月28日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2765_6_28pop622

ニュース:東大生のジェンダー意識 女子の4割「問題は深刻」 男女で認識に違いも
ニュース:宮台投手が日本代表入り 東大から33年ぶり
ニュース:アジア7位に転落 THEアジア大学ランキング QSでも順位下げる
ニュース:認知症患者向け 情報交換ツール臨床研究を開始
ニュース:初の2部優勝 ホッケー女子 横市大に雪辱
企画:専門家に聞く東大のジェンダー事情 東大生に問題意識欠如
企画:宮台投手の力投に攻撃応えた 今季3勝 硬式野球部躍進の秘密と課題
研究室散歩@都市交通計画 原田昇教授(工学系研究科)
連載小説:『猫と戦争と時計台』㉝
ひとこまの世界:日本橋で七福神巡り
キャンパスガール:平田いずみさん(工・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年01月30日

The Universal Value of Education Found in Bangladesh and Japan

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月10日

江川達也はいま学生だった! 「映像を自分でつくる勉強をしています」

EVENT 2016年06月29日

東大はなぜ推薦入試を増やすべきなのか。東大教授や教育改革実践家らが激論

COLUMN 2016年06月29日

東大に代わるアジア大学ランキング首位 シンガポール国立大とはどのような大学なのか

INTERVIEW / FEATURE 2016年03月20日

東大合格のための知能はもういらない!?人工知能の普及は教育をどう変えるのか

TOPに戻る