LATEST NEWS 2018年5月1日

元分生研教授の渡邊氏に懲戒解雇相当 論文不正行為で

 東大は4月27日、分子細胞生物学研究所(現在は定量生命科学研究所に改組)の元教授・渡邊嘉典氏らが『ネイチャー』や『サイエンス』など国際的な科学誌に2008~15年に発表した5本の論文における捏造(ねつぞう)・改ざんなどの不正行為について、懲戒解雇相当と決定し通知したと発表した。この決定により、渡邊氏に退職金は支給されない。

 

 東大は「本学の元教員が行った行為は決して許されず、厳正な対応を行った。大学として厳粛に受け止め、再発防止に努める」とした。分生研は4月1日、続発した論文不正を受け、定量生命科学研究所へと改組している。

 

2018年5月12日10:30【記事訂正】記事タイトルの渡邊氏の名前の漢字を誤って書いていました。お詫びして訂正します。

 

【関連記事】

分生研を改組 論文不正続発を受け(2018年4月11日掲載)

分生研教授の論文不正行為、東大が認定 医学系5人は不正なし(2017年8月4日掲載)

東大関係者の論文不正疑惑、本調査を完了 不正がなければ公表せず(2017年6月10日掲載)

論文不正疑惑で新たな告発状(2016年10月26日掲載)

論文不正疑惑で本調査へ 原則150日以内に判断(2016年9月28日掲載)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2017年11月11日

違う! やるか、やらぬかだ。試しなど要らん。 HACKER WARSで過ごす2日間

NEWS 2019年04月22日

開花を促す物質が働く場所を特定

NEWS 2019年06月26日

縄文晩期の人口減少をゲノム解析で証明 集団の形成過程の解明へ期待

NEWS 2019年11月26日

仁科記念賞に岩佐教授 東大からは2年ぶり

NEWS 2019年11月28日

温帯低気圧の雨量は気温で決定 温暖化に伴う雨量増加を予測

TOPに戻る