ニュース

2021年9月27日

【東京六大学野球】立大1回戦中盤まで5点リードも逆転負け

 

二回二死一、三塁の場面で適時右前打を放つ井上(撮影・安部道裕)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は9月25日、立教大学とリーグ戦1回戦を戦い15―6で敗れた。中盤まで主導権を握り5点をリードするも終盤に大量失点を許し逆転負けを喫した。

取材・清水央太郎

 

立大|100003920|15

東大|040200000|6

 

 一回、先発の井澤駿介(農・3年)は四死球と自身の悪送球によりピンチを招くも、最小失点にとどめる。1点を追う打線は二回、下位打線の3連打で一死満塁の好機をつくると1番宮﨑湧(育・3年)が右中間へ走者一掃の三塁打を放ち逆転に成功。更に二死一、三塁とした後、4番井上慶秀(育・4年)も適時打を放ち、この回一挙4点を奪った。勢いづいた打線は四回にも一死一、三塁の好機をつくると、3番大音周平(理・4年)、4番井上の連続適時打で2点を奪いリードを5点に広げた。

 

 援護をもらった井澤は五回まで1失点の好投をするも、六回に本塁打を浴びるなど3失点を喫する。更に七回にピンチを招き、適時打を浴びて1点差と迫られたところで降板。ところが、マウンドを託された小宗創(育・4年)、西山慧(工・3年)が味方の失策も絡まりリズムに乗り切れず、二つの押し出しと3本の適時打を許してしまい、この回一挙9点を失って逆転された。立大打線の勢いは失われず、八回にも4番手の鈴木健(理II・2年)から2点を奪い、リードを9点に広げられた。一方の東大打線は四回以降立大投手陣を捉えきれず、無得点に終わった。

 

 東大は失策や四死球を重ねてしまったことが終盤の大量失点に繋がった。ただ打線は二桁安打を放つなど復調の兆しが見えてきた。

 

援護をもらった直後の三回、三振を奪う井澤(撮影・安部道裕)

koushi-thumb-300xauto-242

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る