COLUMN 2019年9月18日

Campus Girl 白﨑千惠さん(文Ⅲ・2年)

白﨑 千惠(しらさき ゆきえ)さん(文Ⅲ・2年)

 

思い切って世界広げる

 

 自身も「フッ軽ですね」と認めるほどの行動力の持ち主。高校時代には生徒会長を務め「大学ではいろんな人と関わりたいと思って」駒場祭委員会に入った。現在は広報・渉外担当として東奔西走の日々を送る。

 

 最近お気に入りだという「1+1は3かもしれない」という言葉も、友人の紹介で知り合った社長にもらったのだとか。せっかくの機会だからと勇気を出して会ってみたことで、先入観を疑い、物事の可能性に賭けることの大切さを学ぶことができた。

 

 出会いの対象は人に限らない。忙しい合間を縫っては文学や映画に親しむ。「違う世界で暮らす誰かの人生を追体験できるところが好きですね」

 

 取材終了後「記事にしやすいように話したつもりですけど、大丈夫でしたか?」はい、バッチリです。この気遣いが、人を引き付けてやまないのでしょうね。

(取材【刻】・撮影【英】)


この記事は2019年9月10日号(受験生応援号)から転載したものです。本紙では他にもオリジナル記事を公開しています。

インタビュー:固定観念を打ち破れ 気鋭の歴史学者が「考える」を考える 呉座勇一助教(国際日本文化研究センター)
ニュース:4点差逆転で2連勝 ラクロス男子立大戦 後半に好セーブ連発
ニュース:アメフト 昨季王者・早大にあと一歩及ばず
企画:英語以外の「外国語」という選択肢 独・仏・中国語受験者に聞く
企画:現役東大生による勉強法アドバイス
企画:教科別 東大教員からのエール
企画:合格者得点分析 本社独自アンケート 東大入試2016〜2019
企画:貪欲な姿勢で自分に合った対策を 推薦生・予備校担当者が語る東大推薦入試
青春の一冊:『火の鳥』 近藤尚己准教授(医学系研究科)
キャンパスガール:白﨑千惠さん(文Ⅲ・2年)
社告:小社発行『東大20XX』シリーズの魅力を現役東大生が解説! 地方から東大へ導く一冊

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年05月06日

【サークルペロリ】東京大学能狂言研究会宝生会 600年の深遠に挑む

COLUMN 2017年03月04日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見たドイツ語の姿

COLUMN 2019年01月04日

【駒場のアツいゼミ特集①】高山ゼミ 徹底した研究と議論でゼミ生と至高の時間を

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月11日

【五月祭おすすめ企画①】British Rock研究会五月祭ライブ ライブでの経験を生かす 

NEWS 2020年05月28日

駒場Ⅰキャンパス 仮設体育館解体へ 新体育館は竣工済み

TOPに戻る