COLUMN 2020年8月17日

【キャンパスのひと】臼井幹博(法念)(うすい・もとひろ(ほうねん))さん(文Ⅰ・2年)

ラップイベントではMCネーム法念としてマイクを握る(写真は臼井さん提供)

飛び越えろラッパー

 

 浪人を経てついに文Ⅰに入学した年、日本を飛び出した。向かった先はガーナ。FLYプログラムでの1年間の休学だった。「入学後の進路が定まらなくて、一回東大を離れようと思って」。歴史教育への関心から現地の高校と大学に滞在し、新興国での世界史の扱われ方を生で学んだ。

 

 帰国後も歴史教育への興味は続き、小中高が臨時休校となった3月には東大生がオンライン授業をする「スマホ学園」に参加。気楽に学んでほしいと世界史の解説を趣味のラップに載せ届けた。

 

(臼井さんが投稿したラップで学ぶ世界史動画)

 

 ラップからは、反体制や奔放さを表す文化として生き方への影響を受けているという。昨年の駒場祭での東大女装子コンテストのステージでも「アフリカで感じた人間の優しさ、どこの誰がどんな服を着たっていいんだ」とラップで叫び優勝。リリックの通り「境界」を飛び越え、人をつなぐ存在になりますように。


この記事は2020年8月4日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:苦しみから新たな表現生み出す 作詞作曲家の小椋佳さんインタビュー
ニュース:課外活動施設は7/29から解禁 本郷地区キャンパス 駒場は6日から
ニュース:RNAが多様に分化 生命誕生の謎解く鍵に
ニュース:三井不動産と協定締結 新たな都市の在り方追求
企画:J-POPはどう変わったか 現代の社会と音楽を読み解く
企画:この音楽、共同制作者はAIです 音楽制作におけるAIと人間
企画:海外の流行吸収し根付く 音楽ビジネスから見るJ-POPと日本社会
取材こぼれ話
サークルペロリ:ビルボード研究会
キャンパスのひと:臼井幹博(法念)さん(文Ⅰ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年08月04日

【キャンパスのひと】原雅貴(はら・まさき)さん(養・3年)

COLUMN 2020年04月08日

【東大ミス・ミスターコン、そろそろ辞めません?①】今、ミスコン開催の是非が問われる理由

COLUMN 2020年06月17日

【キャンパスのひと】早川健太(はやかわ・けんた)さん(理Ⅰ・2年)

NEWS 2020年05月06日

大学からの情報「十分でない」が過半数 学内英字メディアが英語話者にアンケート実施

COLUMN 2020年05月07日

【キャンパスのひと】小坂涼(こさか・りょう)さん(文Ⅰ・2年)

TOPに戻る