キャンパスライフ

2020年11月10日

【キャンパスのひと】荻原涼(おぎはら・すず)さん(薬・3年)

(写真は荻原さん提供)

 

優しきスイマー

 

 物心つく前から水泳を始め、20年。大学でも運動会水泳部で競泳に励み、昨夏には女子陣の主将に就任した。大会では予選会の総合順位次第で、チームの参加標準記録を下げられるという規定がある。試合会場に行っても標準記録を満たせず、試合に出られない選手を見て「みんなで出たいな」と強く感じたという。仲間のためにというプレッシャーも背負う。

 

 今年は感染症対策で試合がなくなるという難しさもあった。モチベーションが見いだせず辞めようか迷ったこともあると正直に明かす。「波があってしんどいときもあるけど、今は楽しいから泳げてます」と笑う。

 

 学業では今年、薬学部に進学。薬を作って終わりではなく、実際に使う患者さんがどう感じているか気になると臨床にも関心を寄せる。練習に勉強に多忙な日々の中でも他の人を思うところに、強さと優しさをみた。

 

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

TOPに戻る