キャンパスライフ

キャンパスライフ

2021年07月04日

【キャンパスのひと】慧眼の士  荒木緒途さん(理・3年)

 数学、音楽、言語学などさまざまなことに関心を持ち、東大に入学。「スペイン語の音が好き」と語り、2年の夏にはガルシア・マルケス『百年の孤独』を原文で読み、後期課程では言語学を学ぶことも視野に入れていた。  現在は「数学を学ぶなら今しかない」という教員の助言に従い、数学科に所属している。本人の感覚では「数学は本質を抜き出す学問」であり、概念などを考えることが好きだったため、時に苦しみながら
1 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 59
koushi-thumb-300xauto-242

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る