2024年02月26日

【キャンパスのひと】宇宙開発への興味から脱炭素へ 大川敦也さん(工・3年)

 宇宙センターやロケット打上げ場がある鹿児島県で育ち、自分でも宇宙開発をしたいと東大に入学。しかし宇宙分野の知見を広げていくにつれ、自分が宇宙業界でどのようなキャリアを歩むのか想像することができず、この業界に身を投じることに消極的になっていった。  そんな中、受講した主題科目「ディープテック起業家への招待」が転換点に。「宇宙開発に携わりながら、より直接的に人の役に立ちたいことに気
1 2 3 4 5 6 7 19

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit

   
           
                             
TOPに戻る