EVENT 2020年9月19日

【オンライン五月祭おすすめ企画10選】②はじめてのプログラミング教室

史上初の全面オンライン開催となった本年度の五月祭。どこからでもアクセス可能なのを生かし、普段は参加しないような企画にもぜひ参加してみてはいかがだろう。今回は約110の企画の中から、個性豊かな10の企画について、各担当者に寄稿してもらった。
(ロゴ、写真は特記なき限り各団体提供)

 

 

はじめてのプログラミング教室

ut.code(); (五月祭ホームページ)

企画ページはこちら

20、21日 終日

【こんな人におすすめ】
親子連れ、プログラミングを学んでみたいと思っている方

 

注目の技術をイチから学ぼう

 

 Withコロナでの生活様式や、学習指導要領の改訂などを背景に、プログラミング技術への注目は過去に例を見ぬ高まりの中にあります。「はじめてのプログラミング教室」は大人から子どもまで楽しめる体験型企画。内容は大きく2つに分かれており、参加者が自由に選択できます。

 

 このうち、「はじめてのアルゴリズム」では、参加者は画面上に表示されたブロックを組み合わせて課題に挑戦します。子どもも喜ぶ鮮やかな見た目とは裏腹に、ヒントなしでのクリアは大人でも難しい難易度です。親子や仲の良い友人と協力すれば、正答に辿り着きやすくなるでしょう。

 

 

 一方、「はじめてのWebプログラミング」では、企画の実行団体ut.code();の通常活動の対象であるWebの世界での、実際の開発に近い体験を味わえます。難度はやや高めではありますが、最終目標は実際に動作するWebアプリケーションの開発で、五月祭終了後も形として残る記憶になるでしょう。


この記事は2020年9月15日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:発表の場を守る決意が原動力 五月祭、史上初のオンライン開催の舞台裏
ニュース:THE世界大学ランキング 東大は2年連続36位 トップ100に国内2校のみ
ニュース:情報理工 院試で出題ミス 合否に影響なし 
企画:〜自宅から最高の体験を〜 第93回五月祭 おすすめ企画11選
キャンパスのひつじ:めいちゃん
五月祭常任委員会によるオンライン五月祭 アクセス方法紹介

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月11日

【五月祭おすすめ企画③】ダブルダッチの宴 ただの縄跳びにあらず

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月06日

「キャリア教育で、生き方に選択肢を」 自民党青年局学生部長・小林史明議員

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年06月11日

西成活裕教授インタビュー 渋滞学・無駄学の第一人者に聞く 流れを見渡す重要性

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月13日

【五月祭おすすめ企画⑧】東京大学箏曲研究会五月祭演奏会 現代曲を懐かしの音色で

NEWS 2016年05月26日

身近な話題から政治へ 東京大学新聞社主催五月祭イベント「7月の選挙の話をしよう」

TOPに戻る